お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

間違えやすい敬語の作法~バイト敬語、二重敬語に気をつけて~

社会人マナーの基本、敬語。相手に敬意を表すための言葉です。しかし、「拝見させていただきました」などうまく使えていない人も多いのが現状です。あなたも、自分では丁寧に話しているつもりでも、周囲からは「なんだか変な敬語だなぁ…」なんて思われているのかもしれません。ビジネスシーンではマナー違反になってしまうので気をつけないといけませんね。ついやってしまいがちな敬語の間違いについてまとめました。

■二重敬語に気をつけて!

●「拝見させていただきました」はNG

「この資料、見てくれた?」なんて上司に聞かれた時に、つい出てしまいそうな言葉が「拝見させていただきました」。一見丁寧な敬語に思えますが、実はNG表現。「拝見する」というのは「見る」という言葉の謙譲語です。さらに「頂く」という言葉も謙譲語で、「二重敬語」となってしまうのです。二重敬語がNGな理由は、丁寧すぎて返って相手が馬鹿にされているように感じるため、避けたほうがいいなどと言われています。

では「拝見致します」という表現はどうなのでしょうか。よく耳にする表現ですね。しかし、こちらも「拝見」という謙譲語に「する」の謙譲語である「致す」が付く「二重敬語」だと考えられています。しかし、すでにかなり浸透している文言であり、また「二重敬語ではいけないのか?」という意見もあることから、一概にNGとはされないようです。

なんだか難しいですが、「拝見」という言葉ですでに敬意を示しているわけですから、シンプルに「拝見しました」と言うのが一番かもしれません。

<例>

×拝見させていただきます

×拝見致します

○拝見します

●「お越しになられました」はNG

「お越しになられます」、「ご覧になられますか?」などの表現もよく耳にするものです。しかし、実はこれも二重敬語。「お~になる」「ご~になる」で、すでに尊敬語となっており、「~られる」という表現をプラスする必要はありません。「お越しになりました」、「ご覧になりますか?」で十分丁寧な表現なのです。

<例>

×お越しになられます

○お越しになります

×ご覧になられますか?

○ご覧になりますか?

■バイト敬語「よろしかったでしょうか?」はNG

一時期「どうして過去形なのか?」と話題になることも多かった「よろしかったでしょうか?」という言葉何かを確認する時に、よく使われますね。接客でバイトがよく使うことから「バイト敬語」と呼ばれることも。この「た」という言葉は、単に過去の出来事を表しているのではなく、「丁寧さを持たせるための言葉だ」という意見もあるようです。しかし、相手に「すでに決定事項です」という印象を与えがち。「もう変更はできないってこと?」なんて誤解を招く可能性も…。「よろしいでしょうか?」という言葉を使いましょう。

<例>

×よろしかったでしょうか?

○よろしいでしょうか?

■使い分けが難しい「させていただきます」

「ご案内させていただきます」、「紹介させていただきます」など、様々な場面で使われる「させていただきます」という敬語。様々な言葉に連結しやすく、「人気の敬語」と言ってもよさそう。しかし、この表現にもきちんとした作法があるのです。

表現そのものは間違っていませんが、これは「相手から依頼されたり、許可を受けたり、恩恵を受けたりする場面」で使われるもの。招待状が届いたときに「参加させていただきます」と書くのはOK。相手からの依頼であり、また恩恵を受けることにもなります。しかし一方で、頼んでもいない状況で「説明させていただきます」と言われると、なんだか強引な印象になってしまうのです。この場合は「説明致します」で十分です。

<例>

(相手からの依頼で)

参加させていただきます。

×

(相手からの依頼なしに)

説明させていただきます。

■ビジネスシーンでうまく使って「できる人」を演出しよう

ビジネスシーンではマナー違反ともなる、上記のような敬語はNGです。ビジネス上の手紙やメールの際も十分注意しましょう。また、接客や取引先への訪問、電話でも同様に注意が必要です。

転職を考えている方は、面接で採用担当者にマナー違反と思われないように、敬語には十分気を使いましょう。丁寧にすればいいというわけではないことを覚えておきましょうね。

敬語は使えて当たり前ですが、上記のような間違えやすい敬語も間違うことなく上手に使えていれば「できる人」とまわりに評価されることでしょう。

 ■まとめ

「より丁寧に!」という気持ちから、なんだか回りくどい敬語になってしまう、丁寧になりすぎてしまうケースが多いよう。二重敬語、バイト敬語に気をつけて、「自分が苦手とする敬語」について今一度確認し、正しい敬語が使えるように努力してみてはいかがでしょうか。また、周囲の人からの「注意」を「アドバイス」と思い、積極的に取り入れましょう!

お役立ち情報[PR]