お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 不調

内科医に聞く。がんの遺伝子検査方法は?「採血がメイン。1週間~30万円で結果が分かる」

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、38歳で両方の「乳房切除手術」を行ったことが話題になりました。彼女が手術を決断した理由は、「自分が遺伝的に乳がんになる可能性が高いことが遺伝子検査で判明したから」ということでした。

がんの発症に関係する遺伝子とは一体何なのか、また日本ではどうすれば検査が受けられるのか、大阪府内科医会副会長で泉岡医院院長・内科医の泉岡利於(いずおか・としお)先生にお話を伺いました。


■がんを抑制する遺伝子に異常があると、がんになるリスクは10倍~20倍

――アンジェリーナ・ジョリーさんの手術の一因という、がんの発症に影響する遺伝子とは、どのような遺伝子なのでしょうか?

泉岡先生 乳がんと卵巣がんの発症に関係する遺伝子には、「BRCA1」と「BRCA2」の2種類があり、がんの発症を抑制する働きをします。BRCA1は17番目、BRCA2は13番目の染色体に存在することが分かっています。

ですが、この染色体に異常があると、がんを抑制する機能が損なわれ、がんになるリスクが高まります。異常があると必ずがんを発症するわけではありませんが、乳がん、卵巣がんになるリスクが、異常のない人に比べて10倍~20倍高まると言われています。

――遺伝性のがんと、それ以外のがんの違いは何でしょうか?

泉岡先生 現在、がん患者の9割が50歳以上で発症しているのですが、これらは生活習慣が主な原因であり、日頃から予防をしたり、定期的にがん検診を受けたりすることで予防が可能です。しかし、残り1割は若くして発症し、その主な原因が遺伝性であると言われています。両方の乳房にがんができる両側性の乳がんや、乳がんと卵巣がんを併発したり、同じ場所に再発する例が多いです。通常のがん検診だけでは発見や予防が難しい場合もあります。

■検査は全国の医療機関で、30万円前後で受けられる

――遺伝子に異常があるかどうか、どうすれば分かるのでしょうか?

泉岡先生 姉妹や母親、祖母など、3親等以内の血縁者の中で2人以上、乳がんや卵巣がんを発症した人がいれば、その可能性が高いという報告があります。アンジェリーナ・ジョリーさんも受けたとされる「BRCA1」と「BRCA2」の遺伝子検査を実施すると判明します。

――その遺伝子検査は日本でも受けられますか?

泉岡先生 受診できます。最近は関心が高まっていて、希望者が増えているようです。がん専門病院を代表とする全国80か所以上の医療機関で検査が可能です。国立や都道府県立の病院から個人クリニックまで、実施している医療機関は多数ありますので、インターネットなどで調べて希望する場所や条件など情報を探しましょう。

――検査内容と費用について教えてください。

泉岡先生 一般的な検査は採血です。1週間~3週間で結果が出ます。そのほか、爪や髪の毛の一部から調べることも可能です。採血の場合は病院へ行く必要がありますが、爪や髪の毛を用いた検査であれば、遠方の医療機関でも、送付すれば検査が可能です。

検査費用は保険適用外なので医療機関によって違いはありますが、平均して30万円前後です。

――検査の結果、がんを抑制する遺伝子に異常があると分かった場合、予防のために乳房を切除することはどのぐらい有効なのでしょうか?

泉岡先生 確かに、乳がん予防には乳房切除、卵巣がん予防には卵巣切除が有効です。アンジェリーナ・ジョリーさんは、「乳房切除手術により乳がんになる確率が87%から5%に低下した」と報道されています。しかし、ここまで発症の確率が高いのは、まれなケースです。

リスクがあるからと言って、すぐに乳房や卵巣を切除しようと判断する必要はありません。「遺伝子に異常がある」と宣告されると、将来をプログラミングされているような、恐ろしいイメージを抱くかもしれません。ですが、勘違いしていただきたくないのは、だからと言って100%がんになるわけではない、ということです。

「BRCA1」と「BRCA2」の遺伝子検査は、あくまでも自分の体質を理解して、発症しないように気を付けることを目的としています。

自分の体質が分かれば、1年に1回の検査を半年に1回にする、より精密な検査を行うなど、早期発見・早期治療を行うことにつながります。

――遺伝子検査の結果を得てからどうするか。熟考の機会となりそうです。ありがとうございました。

乳がんや卵巣がんへの不安は、女性には一生ついてまわるもの。早めに自分の体質について明確な知識を持つことが、自分を守ることにつながります。
専門家によるカウンセリングを実施している医療機関もあるようですので、気になる方はまずは相談してはいかがでしょうか。

監修:泉岡利於氏。医学博士。内科医、大阪府内科医会副会長。医療法人宏久会泉岡医院院長。
泉岡医院 大阪市都島区東野田町5-5-8 JR/京阪電鉄京橋駅中央出口から徒歩7分TEL:06-6922-0890 http://www.izuoka.com/


(尾越まり恵×ユンブル)

お役立ち情報[PR]