お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

寝ながら美肌、ダイエット、こりほぐし……寝ながら何かができるズボラアイテム4選

ユンブル

寝ている間に脚すっきり、肩こりケア、美肌づくり……。近頃話題の、睡眠中に心身の調子を整えるという「寝ながらケアグッズ」が気になります。

筆者が使用したことがある、もしくは使用してみたい「健康と美容の効果が期待できるとされるアイテム」をピックアップし、各メーカーに特徴を、また、内科医にその効用について聞いてみました。

美肌づくり ファイン「おやすみコラーゲン」1週間分お試しセット(7包入)・500円(税込)

ファイン「おやすみコラーゲン」

ファイン「おやすみコラーゲン」

株式会社ファインの研究課主任研究員で工学博士の佐々木義晴さんは、同製品についてこう説明します。

「肌の調子を整えるには、まずは睡眠、次にハリや弾力などのための補給が必要です。このサプリメントには、おやすみをサポートすると言われるアミノ酸の一種の『グリシン』や、リラックスを促す成分『GABA』も含まれています。これらでおやすみを支え、さらに、皮膚、骨、血管、関節、目などに含まれて肌の70%を構成する『コラーゲン』を補います。

また、若返り成分と呼ばれて話題の、ポリフェノールに含まれる『レスベラトロール』は、強力な抗酸化作用を持ち、肌の修復機能があるとされています。このサプリメントには、リンゴンベリー由来の希少価値が高いベリー系植物から抽出したレスベラトロールを配合しています」

ひどい不規則生活で肌のケアを考える時間などまるでない筆者が目を付けたのは、「これなら、寝ている間に美肌づくりができるかも」という点でした。忙しくて肌荒れが気になる、という女性にお勧めします。

ファイン「おやすみコラーゲン」
http://item.rakuten.co.jp/fine-kagaku/kashikoi_oyasumi/

脚すっきり ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング」オープン価格

ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング」

ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング」

(同製品の発売元の)レキットベンキーザー・ジャパン株式会社のマーケティング本部・池畠さんは同製品についてこう説明します。

「足首からひざ上にかけて圧力をかける『段階圧力ソックス』です。足関節部への圧力が最も強く、脚の上部にいくにしたがって圧力が弱くなるように作られています。就寝中の、脚への着圧値が最適になるように設計されていますので、効果的にひきしめ、翌朝にはすっきりをご体感いただけると考えております。

また、つま先なしで睡眠中の熱を発散し、コットンフィールの新素材でやわらかな肌ざわりを実現しました」

デスクで終日パソコンにしがみつく日が多く、「夕方には脚が肥大化して見えるほどむくむ」気がする悩み改善のために、この製品を試しているところです。

ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング」
http://drscholls.jp/hosiery/mediqtto/products/sleep.html

肩こり改善 ピップ「ピップマグネループ」2,310円(税込)

ピップ「ピップマグネループ」

ピップ「ピップマグネループ」

ピップ株式会社の商品開発事業本部・福屋均さんは、同製品についてこう説明します。「肩こりの原因は、肩や首の緊張や疲労が積み重なり、筋肉が収縮して太く硬くなってしまうことにあります。磁気は筋肉組織の血行を改善し、こりの悪循環に働きかけてほぐします。

お客さまへのヒアリングで、『寝ている間にこりを解消できれば』という声をいただいたことから、『ねるねるマグネ』と題して、就寝時に装着すると朝すっきりするという使用方法をお勧めしております」

肌が弱くて湿布が苦手な筆者は、これで肩こり改善につとめています。

ピップ「ピップマグネループ」
http://www.magneloop.com/

ダイエット パラマウントベッド「スマートスリープアクア」シングルサイズ・126,000円(税込)

パラマウントベッド「スマートスリープアクア」

パラマウントベッド「スマートスリープアクア」

パラマウントベッド株式会社のコンシューマーチームリーダーで睡眠アンバサダー・山品善嗣さんは、同製品についてこう説明します。

「睡眠中、特に深い睡眠に入っているときには、『成長ホルモン』が多く分泌され、脂質を分解します。睡眠が不足すると食欲抑制ホルモンの『レプチン』が減少し、食欲亢進ホルモン『グレリン』が増加することが分かっています。ですから、ダイエットをするためにはできるだけ睡眠の質を高めることが大切です。

そのためには、血液や体液の循環パターンの変化を促したり、睡眠サイクルを円滑にするための寝返りが重要なんです。そこで、寝返りがしやすい、体の弾力性と等しいマットレスの使用が効果的だと考えています」

寝返りがうちやすい→睡眠の質が高まる→成長ホルモンなどの関係でダイエットにつながる、ということです。

パラマウントベッド「スマートスリープアクア」
http://www.smartsleep.jp/products/aqua/

臨床内科専門医、日本医師会認定スポーツ医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長は、睡眠時の心身のケアについてこう話します。
「体の疲れの改善やストレスの解消、肌の調子の回復などにまず必要なのは、十分な睡眠です。『快眠』で自律神経のバランスを整えつつ、その上でサプリやグッズで心身をケアするのは、自分の体質に合えばリフレッシュにプラスになるでしょう。

忙しいビジネスパーソン世代は、帰宅して食事、お風呂、ばたっと寝る、の繰り返しかもしれません。少しでも疲れを改善するには、寝ている間に何らかに働くという、これらのアイテムを試してみるのもいいですね」

睡眠と同時に心身の調子を回復するのが目的の「寝ながらケアアイテム」、ぜひ参考になさってください。

(取材協力:正木初美、文:岩田なつき/ユンブル)

取材協力
正木初美氏。臨床内科専門医、大阪府内科医会理事、大阪府女医会理事、日本内科学会認定医、日本医師会認定スポーツ医、日本医師会認定産業医、正木クリニック院長。
正木クリニック:大阪府大阪市生野区桃谷2-18-9

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.08.09)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※この記事は2013年07月09日に公開されたものです

ユンブル

雑誌・書籍などの出版物や広告物、Webサイトの企画、編集、制作、また広報・出版のコンサルタント、広報代行、教育事業などを行う編集プロダクション。「健康」、「家庭医学」、「医療」、「美容」、「不動産」、「広報」、「教育」などの分野の情報発信を得意としている。

http://www.yumble.com/

この著者の記事一覧 

SHARE