お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ナンパ師に聞く、声をかけたくなる女子の特徴「スキがある」「男ウケする服」

いよいよ夏本番! 男女の出会いシーズンに突入です。そこで、「趣味はナンパ」という男子3名に、声をかけたくなる女子の特徴について話し合ってもらいました。「今年の夏こそはステキな出会いを……」と考える女子のみなさん、必読ですよ!

<ナンパが大好きなイケイケ男子の皆さん>
・コウスケ(34歳・営業職)
元ホストのイケメン男子。遊び過ぎて本気の恋愛はご無沙汰。
・シンジ(31歳・自営業)
女なら50歳代まではOKという守備範囲の広さが自慢のナンパ師。
・クウヤ(27歳・介護職)
女好きだが、自分に自信がないのでつい女性にお金を出してしまいがち。

■スキあり女子は「とりあえずいっとく」

──「声をかけてみよう」と思う女子に外見的な特徴はありますか?

シンジ「私服なら、男ウケするのを狙ったカッコしてる子。露出系にしても清楚系にしても、男の目を意識してるかどうかがポイントね」

コウスケ「スーツ系は結構いけるよ。スーツを着慣れた仕事できそうな子でも、心に闇を抱えてる子は結構いるから、少し優しくしてあげるとわりと簡単に落ちる」

クウヤ「ボクはスキのない女に声はかけられないっす。歩きが早い子とか、やたら姿勢いい子とか、目つきが鋭い子とか。声かけたら『え~』とか言いながらも、立ち止まりそうな子に声かけますね」

コウスケ「クウヤは相手を選ばないからな」

クウヤ「そんなことないっすよ(苦笑)。ただ一つ言えるのは、かわいい方がいいに越したことはないけど、そんなに外見にはこだわらないってこと」

シンジ「女子二人で、テレテレ歩きながらキャピキャピ話してるようなスキのある子たちは、とりあえずいく」

コウスケ「そういう子たちって『募集中』オーラが出てるんだよな(笑)」

つまり、「ナンパされやすい」=「イイ女」ではなく、「スキがある女」ということですね。そこを女子はカン違いしやすいかもしれません……。

■ナンパは遊び目的か?

──ナンパというのは、あくまで遊び目的なのでしょうか?

コウスケ「俺は『遊び』とか『本気』とかいちいち考えてない。目の前に落とせそうな女がいれば、とりあえず声をかける。その先どうなるかなんて、わかんないじゃん」

シンジ「そうね。俺の先輩は海でナンパした女子と結婚したし、俺の前の彼女もナンパで知り合ったけど結構ハマったもんな」

クウヤ「俺の知り合いにも、ナンパで知り合って結婚した人がいるんですけど、子どももできて超幸せな家庭作ってますよ」

コウスケ「そういうケースもあるかもしれないけど、俺が言いたいのは、結婚相手を見つけるためにナンパはしてないってこと」

クウヤ「そりゃそうっすけど、ナンパした子が遊んでるように見えて実はしっかり者みたいな女の子の場合は、ちょっと真剣に考えちゃいます」

シンジ「それはあるね。家がきちんと片付いてたり、仕事に対して一生懸命だったり、家族のことを大切に思ってたり。そういう一面が見えると付き合ってみたくなる」

コウスケ「そうね。料理がうまかったりしたら、大事にしたくなっちゃうなぁ」

ナンパ師のみなさんも、良い出会いがあれば将来につなげていく気持ちはあるのですね!

今は遊び放題の男子でも、いつかは落ち着いて家庭を持つもの。本気のターゲットになるためには、日ごろの自分磨きが重要なのかもしれません。

(OFFICE-SANGA 百田カンナ)

お役立ち情報[PR]