お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

左利きであることが健康に影響を与えていた!?

アメリカの新生児の10%が左利きであると言われている現在。歴代大統領の半分が左利きであるというアメリカでは、この「左利き」について多くの研究者が長年研究してきた。

「なぜ左利きが生まれるのか?」という質問は長年の間、多くの人たちが疑問に思っていたことだが、研究によるとどうやら胎児が母体にいる間に受けたストレスが原因であるらしい。

そして左利きであることで脳内神経の使われ方も自然と変わってくるため、右利きの人たちよりもADHD(注意欠陥多動性障害)になる可能性が高いと言われている。そして実際にADHDを持つ子供たちの多くが左利きだという調査結果もある。

さらに、左利きの人の99%が80歳を達する前に亡くなっているという調査も出ており、これも多くの研究者が研究を重ねてきた大きな疑問点のひとつだ。

これの多くは事故によるもので、日常生活の中で多く見られる「右利き用」の物の扱い方を誤ったものだと言われている。

左利きであることが健康に影響していると言われているが、天才には左利きが多いのも事実だ。この左利きに関する調査は今もなお続いており、まだ謎のベールに包まれたままである。

※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:Let Handed? Top 8 Ways It Affects Your Health
http://www.zoomhealth.net/LeftHanded-Top8WaysItAffectsYourHealth.html

お役立ち情報[PR]