お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド ボディケア

ダイエット効果も!? 女子の強い味方「玉ねぎ」の効能って?

野菜を使った商品を数多く出しているカルビーが、ひとつの野菜を取り上げて行う「カルビー 野菜サミット」。その第2回が都内で開催されました。今回のテーマは身近な食材の「玉ねぎ」。


同サミットでは、(株)エミッシュ 管理栄養士・雑穀料理家の柴田真希さんが、「玉ねぎのステキ」というテーマで、玉ねぎの栄養素や、その効果などをわかりやすく解説。お話を聞いていくうちに、「玉ねぎって、女子にぴったりの野菜!」と思うことばかり。玉ねぎの持つ栄養素や成分は、イライラを抑えたり、ダイエットサポートにもなるなど、女子の強い味方になってくれそう! そこで、柴田さんによる玉ねぎの効能を紹介します。

◆玉ねぎで“ストレス知らず!”
玉ねぎに含まれている成分のひとつが、硫化アリル。揮発性の高い成分で、玉ねぎを切ったときに涙が出てくるのは、この硫化アリルの成分が原因なんです。ちなみに、玉ねぎの辛さは硫化アリルの量によって変わり、辛みの強い玉ねぎは硫化アリルを多く含んでいます。

そしてこの硫化アリルの「におい」には、神経を落ち着かせて、イライラを抑える鎮静効果や、疲労回復作用があります。また、玉ねぎにはストレスを感じると減少するビタミンCやカルシウムもしっかり含まれているので、玉ねぎを食べるだけでストレス知らずになれるかも!?

◆玉ねぎで“効率よくダイエット!”
玉ねぎには食べ物を消化しやすくするビタミンB1やビタミンB2が豊富に含まれているので、同じカロリーを摂取しても、玉ねぎを一緒に食べることで太りにくくなります。また、硫化アリルはビタミンB1やビタミンB2のはたらきをサポートしてくれます。

そして、ダイエットの敵と言われる低体温にも玉ねぎはオススメ。硫化アリルは体温を上昇させてくれるので、冷え性の人にはぜひ積極的に玉ねぎを取ってほしいですね。

◆玉ねぎで“健康をサポート!”
玉ねぎには肥満の原因である余分な脂肪の沈着を防いで、排出まで促してくれるケセルチンという成分があります。また、血液をサラサラにしてくれる効果のあるピラジン、血糖値を下げる作用で注目されているグルコキニンなどが含まれています。

つまり、年齢を重ねるごとに気になってくる生活習慣病の簡単な予防方法として、玉ねぎを日常的に食べていれば、医者いらずの健康体質に!?

◆玉ねぎで“腸内環境をキープ!”
玉ねぎに含まれるフラクトオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌といった善玉菌の働きを助けて、腸の調子を整える作用があります。食物繊維も含まれており、便秘解消にもってこいの食材なんです。

玉ねぎは女子の毎日をサポートするさまざまな栄養素や成分がぎゅっと詰まっている素敵食材なんですね。さらに、ほかの食材を組み合わせることによって、その効果はグッと上がるそう。柴田さんによると、玉ねぎとじゃがいもの相性がとてもいいみたいです。

これから暑くなって、体調も崩しやすい季節。健康にもいい玉ねぎを積極的にとって、疲れ知らずのカラダを目指しましょう♪

(川原裕子/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]