お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

炭水化物を控えてリバウンドした人、集まれ!ダイエットの味方 身近な炭水化物「複合糖質」とは?

パン、パスタ…炭水化物には美味しいものばかり。でも食べたら太る!だから食べない!カラダのメカニズムの正しい認識がないと、炭水化物を抜いただけでは太りやすくなっちゃいますよ?

ダイエット中のあなたは、炭水化物を「抜く」のではなくて「きちんと選ぶ」ことが大切。炭水化物を抜いてしまうと、一時的に体重は落ちても絶対にリバウンドをしてしまいます。

美味しく炭水化物を食べていた方がキレイなやせ方をするのだから、これはうれしい話。リバウンド知らずのカラダになるためには、「複合糖質」というグループに属す炭水化物を食べるようにしましょう。この「複合糖質」の炭水化物には、エネルギー源と多くの食物繊維がバランスよく含まれているので、満腹感を持続させつつ運動に必要なエネルギーを生み出してくれるのです。だからダイエット中のあなたの強い味方。

「複合糖質」のグループに属す炭水化物といえば、オーツ麦、玄米、全粒粉の穀物など。そして全粒粉パスタや豆類、果物や野菜などもこのグループに含まれます。この腹持ちの良いキレイな炭水化物をちゃんと食べていればリバウンドなんてしないのです。朝か昼に食べるのがベストだそうですよ。

炭水化物の60%は脳によって使われるそうなので、きちんと炭水化物を摂(と)っていない人は疲れやすく、仕事の効率だってダウンしてしまいます。そして脳の思考力が下がってしまうことで、糖分を欲してしまうなどの間違ったシグナルを出してしまうのだとか。せっかく頑張って食べないようにしていたのに、気がつけば太りやすいカラダが出来上がっていた!なんてお決まりのパターンになってしまいます。

炭水化物の「量」ではなくて「質」が最も重要なダイエット。きちんとカラダのメカニズムを知った上で、あなたもダイエットに励んでみて!

参考:Weight Loss: Are All Carbs Bad?
http://www.cosmopolitan.co.uk/diet-fitness/weight-loss-are-all-carbs-bad

お役立ち情報[PR]