お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ディナーよりバンジー! 一緒にアドベンチャー体験が彼とのマンネリ化を防ぐ 研究結果

1週間に一度、一緒にエキサイティングな経験をする。オーストラリアの大学の研究では、これがパートナー関係に目に見える満足感をもたらすとの結果が出ました。デートで共に夕食を取るより心理学的にみてずっと効果的だと言います。

●満足した関係の鍵を握るのは「緊張感」
ジャーナル “Couple and Family Psychology: Research and Practice” にて発表されたニューイングランド大学の研究は、これまでのパートナー関係の研究とは視点を異にしています。この研究では、関係が長くなるにつれ大きく失われる「緊張感」にスポットを当てました。

この研究では、18から76歳までの平均して9年一緒にいる50カップルを調査。半分は既婚カップルでした。カップルに与えられた課題は、まず彼らがエキサイティングで、冒険的で面白いと思う活動を10リストアップすること。そして、毎週、その内最低1つを共に90分以上一緒に行うというものでした。

●目に見えて満足感が向上
結果によると、4週間後にはパートナー関係に目に見えて改善が見られました。カップルの関係に対する感情が頻繁に前向きとなり、関係をスリリングだと思う気持ちも向上したそうです。さらに4カ月後でもその満足感の改善に変化はなかったとのこと。

「結果は、ちょっとした短い“介入”であっても関係の「緊張感」を高めることができることを語っています。この緊張がさらに満足感へポジティブな影響を長期間にわたって与えるのです」と著者のジョン・マロウフ氏。
●緊張感が高いほど満足感も高い
パートナーとの「緊張感」の程度が、カップルがどれだけ自分たちの関係に満足しているかに比例する「緊張感が高いほど満足感も高い」という図式が成り立ちました。

ちょっと停滞気味な関係でお困りの方は、ロマンチックなディナーや一緒に散歩、はたまたリラックス旅行などを計画せず、ちょっと過激にバンジージャンプやロッククライミングなど普通じゃやらないアクションを取ってみると良いかも知れません。研究の裏づけがあるのだから、うまくいくこと間違いなし!?


※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。


参考:Eine gemeinsame Klettertour kann die Liebe retten
http://www.abendblatt.de/ratgeber/psychologie/article115561166/Eine-gemeinsame-Klettertour-kann-die-Liebe-retten.html

お役立ち情報[PR]