お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

あなたはどっち?浮気しやすい人?それとも浮気されやすい人?

別れの原因として多い「浮気」。自分が浮気しやすいタイプか、それとも浮気されやすいタイプなのか。今回はそれぞれの特徴を一言でまとめてみました。自分の普段の行動と比較して、気になる行動がないかをチェックしてみましょう。

■浮気しやすい女性の特徴

『自分中心の考えで相手への気遣いがない人』

女性の場合、男性が大事にしてくれていれば浮気する傾向は少なめ。逆に男性が優しくなかったり、仕事が忙しくてあまり構ってくれなかったりなど、男女間における考えの違いが、衝動的な行動を起こしやすい傾向にあります。

よくあるケースとしては、他の人の苦労を理解しようとしない、自分のために友人を利用してしまう、自分の容姿や性格に自信がある……など。これらの共通点はすべて自分が一番であるという考え方です。女性は包容力(愛)が求められるので、もし子供ができても育児に悩んでしまう可能性も。

■浮気しやすい性格を改善するには?

浮気しやすい性格を直すには、考え方を根本的に変えることが必要。他人に思いやりをもって、自分が何か行動を起こそうとしたときの相手の気持ちをその都度考えるようにします。

自分の幸せを求めるために浮気して現状から抜け出そうと考えているのなら、パートナーと一緒に幸せになれる改善策を探しましょう。現状から逃げてばかりいては根本的な解決にはならないので、また同じ過ちを繰り返してしまうかも。

■浮気されやすい女性の特徴

『相手への思いが強すぎて、行動が行き過ぎる人』

一人の男性に愛されていれば良いという気持ちが行き過ぎると、独占欲から相手を束縛したり、行動を随時チェックしたりする傾向に。メールを頻繁に送りすぎるのもNG。

さらに相手の甘えに応じすぎれば『利用しやすい女』に思われてしまうことも。自分に自信がなくネガティブ思考の人は、精神的にも不安定で異性を困らせてしまいがちです。愛情表現が間違った行動を起こさないようにすることが大事です。

■浮気されやすい性格を改善するには?

浮気されやすい性格を直すには、パートナーに依存する、もしくは、依存されるような考え方をやめ、愛情だけに左右されない行動をすること。何度も浮気されてしまうという人は、自分自身の考え方がかわっていないか、相手の考え方がかわっていない証拠。お互いがお互いを信頼できるようになることが大事です。

■パートナーが変わっても浮気してしまう、されてしまう場合

付き合う相手が変わるたびに浮気が原因で別れてしまうという場合は、自分の考え方がかわっておらず、自分が付き合う相手の傾向がその都度似ているためです。こういう場合は今までと全然違うタイプの人に出会うことで、自分の考え方がかわることも。すてきなパートナーを探して、浮気と無縁な生活を目指してみましょう。

お役立ち情報[PR]