お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

プロポーズの仕方、教えます

愛する彼と一緒にいる時、未婚の女子なら一度は「プロポーズ」という言葉が胸をよぎるもの。

考えただけで、ついドキドキしてしまう人生の一大イベントだが、理想通りにはいかなかった女性もいる。

●プロポーズされているということさえ、分からなかった

イギリス人女性、サム・シェパードさんは、彼から結婚を申し込まれた時、「プロポーズされていることに気付きもしなかった。『ピザでも食べに行かない?』って誘うのと同じような口調だったから」と、言う。

そんな非ロマンチックなプロポーズにがっかりした彼女、ほかの女子にはこんな思いをさせまい、と男性向けにプロポーズの仕方をアドバイスする会社を設立した。

●パッケージの値段は10ポンド(約1,500円)から10,000ポンド(150万円)まで

プロポーズの仕方についてのアイデアだしというシンプルなものから、シチュエーションすべてをプランするというお任せパックまで、サムさんは、それぞれのカップルと予算に合ったアドバイスをしている。

「グーグルで検索してアイデアを得る男性が多いけど、それだと、ごく一般的なものになってしまったり、あまりの情報の多さに圧倒されて、どうしていいか分からなくなってしまったりするみたい」とサムさんは言う。

彼女は、そんな困りきった男子に、女子目線でアドバイスをしてあげるのだ。

●次は誰の番?

サムさんの顧客のプロポーズ成功率は、これまでのところ100%という。

皮肉にも、彼女自身のボーイフレンド、ライアンさんはプロポーズに失敗してしまったわけだが、2人はまだカップルとして付き合っている。

ライアンさんは、再度プロポーズを試みる計画というが、サムさんからアドバイスを受けるかどうかは、明らかにしていない。

※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

お役立ち情報[PR]