お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

はじめてのドタキャン! 彼とのデートを断られて……

不思議なもので「この先、会社を辞めるかも」
と思うと、さらに仕事がおもしろくなる。

ウチの業務課は各種伝票の集計や分析、
物品の管理などをする、要は何でも屋さん。
それだけに社内で多くの人とやりとりがある。

「ありがとうございました」
「助かりました」
仕事で向き合った人からの感謝の言葉が、
さらに心にしみてくる。
もちろんクレームを受けることも、
叱られることもあるけれど、
でも、こういうやりとりがすべてなくなるのは、
ひどく寂しく思えてしまう。

それに「仕事を辞めて」という拓巳と、
わたしが大好きな彼とのイメージは、
どうしてもズレを感じて重ならない。
そんな彼への違和感が心にしんしんと迫って寂しい。
でも週末、当人と会って話せば、少しは晴れるかな?
そう感じた日の帰り、スマートフォンの画面に、
拓巳からのLINEメッセージが表示された。

「ごめんね。土日どちらも外せない用事ができた。
悪いけど、今週のデートはキャンセルにして」

お役立ち情報[PR]