お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

酔っぱらいは迷惑! 飛行中のお酒禁止に3分の2が「賛成」

待ちに待った休暇。飛行機の中で乾杯。

空の旅は疲れるから眠れるようにちょっと飲んじゃおうと、上空ですっかり酔っ払ってしまった経験のある方いらっしゃいますでしょうか?そんなあなたを良い目で見ていないほかの搭乗客が結構いることが、あるアンケート調査で分かりました。

航空チケットオンラインサイトのSkyscannerが6,000人を対象にしたアンケート調査によると、全回答者の約3分の2が飛行中のアルコール禁止に「賛成」であると回答しています。

さらに43%の回答者にいたっては、飛行機での酔っぱらいにあきあきしているため禁止されるべき、と答えました。「酔っぱらい」の同乗者をよく見ていない人が半数近くいたということになります。

残り20%は、基本的に自分も飲まないのでアルコール禁止に賛成であると回答。「禁止に反対派」としては、自分は飲まないが、ほかの人にも禁止はしないと回答した人が21%。残り16%のみが飛行中のお酒が好きであると回答しています。

搭乗前にかなり「できあがって」しまっていると、安全上の理由から搭乗を拒否されることもあるので気をつけてくださいね。


※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。


参考:Zwei Drittel der Fluggaste fur Alkohol-Verbot
http://www.heute.at/freizeit/reisen/art23666,871039

お役立ち情報[PR]