お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

「エッチはお給料みたいなもの」!? 他人のエッチ生活が自分の幸せ度に与える影響とは?

「エッチはお給料みたいなもの」。これはある研究の結果である。お給料は、ほかと張り合えるだけもらっていれば、それなりに幸せだし、もっともらっていればさらに幸せな気分になれるからだ。

この論理はエッチの生活にそのまま当てはまる、という発見をしたのは米コロラド大学の社会学教授のティム・ワッズウォース氏。

例えば反対に、ほかの人よりお給料(エッチ)が少なかったら、それだけみじめな気分になってしまう。

●エッチの回数が幸せ度に貢献
1993年から2006年の間に1万5,386人のもの人の生活と幸せ度を調査した。「セックスの回数が増えることで幸せ度の全体的な増加が見られます」とワッズウォース氏は述べている。

研究結果によると、月に2、3回エッチをしている人は、過去12ヶ月にまったくエッチをしていない人に比べ、33%も幸せ度が高かった。

さらに週に1回エッチをしている人は、44%、週に2回から3回エッチをしている人の幸せ度にいたっては55%が、過去1年間エッチなしの人よりも幸せ度が高かったという。

●ほかよりエッチが多ければもっと幸せ
さらにワッズウォース氏は続ける。「人はセックスの回数が増えるほど幸せな気分になりますが、自分がほかより多くセックスをしていると思うことが、さらに幸せ度を上げるのです。」

月に2、3回エッチをしている人が、仲間は週ペースでエッチをしていると、知ると彼らの幸せ度は一気に約14%低下したという結果が出ている。

私たちは、ほかの人が自分より貧しければ、豊かになれるし、性的に消極的であればアクティブになれるというように、自分が幸せだと信じるためにほかと比較する傾向があるようだ、とも報告されている。

※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:Sex makes us happy – as long as we are having more than our neighbours
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/9997416/Sex-makes-us-happy-as-long-as-we-are-having-more-than-our-neighbours.html

お役立ち情報[PR]