お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼から専業主婦をすすめられたら、結婚はどうする?

「それよりもあすかは、
結婚後のキャリアをどう考えてる?」
「それ、どういうこと?」

わたしは拓巳の言葉にゆっくりと首をかしげた。
またもや、何のことかわからなかったからだ。

「うん。つまり仕事はどうするのかと思って。
ぼくは、あすかが専業主婦になりたいなら、
それはぜんぜん構わないと思ってる。
というか、むしろその方が歓迎かな」
「え?」
頭の中で、拓巳が言った言葉を、
もう一度ゆっくりと繰り返してみる。
専業主婦になるって、仕事を辞めるってこと?

「逆に、あすかが今の仕事を続けることで、
ぼくの仕事にしわ寄せがくるようなことは、
正直言って避けて欲しいというか……。
ぼくの給与ならあすかを養うこともできるし、
子どももひとりぐらいなら大丈夫だし。
ただでなくても残業も休日出勤も多い仕事だから、
これ以上、負担を増やす事態は考えたくないんだ」

自分が会社を辞める……どうしよう。
わたしこそ、そんな事態は考えていなかった。

お役立ち情報[PR]