お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

働く女子が抱える不安とは? 「妊娠・出産することへの悩み」

働く女性は、一体どんなことを考えてるの? 『恋愛・結婚観』をはじめ、『美容のトレンド』や『おシゴト事情』などを、毎日ランキング形式で発表しています!

女性の社会進出が増え、晩婚化や出産年齢が上がっている昨今。働く女子の中には「妊娠・出産することへの悩み」を抱えている人がいるみたい。今回はその悩みについて詳しく聞いてみました。

●第1位/「無事に出産できるか」……55.1%
○第2位/「子どもが健康に生まれてくるか」……49.7%
●第3位/「出産の痛みに耐えられるか」……44.9%
○第4位/「つわりは酷くないか」……38.2%
●第5位/「体型が変わるのではないか」……29.4%
○第6位/「パートナーや自分が妊娠可能な体なのか」……29.1%
●第7位/「パートナーが妊娠・出産に協力してくれるか」……26.4%
○第8位/「出産してから会社復帰できるか」……23.0%
●第9位/「何歳くらいで妊娠すればいいのか」……18.8%
○第10位/「今までの生活が赤ちゃんに悪影響を及ぼさないか」……17.6%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は55.1%で「無事に出産できるか」でした。妊娠してから出産までの約10カ月間をトラブルなく過ごせるかが不安だと感じている人が多いみたい。高齢出産が増えているからこそ、自分の体力面に不安を感じてしまったりしますよね。

第2位は49.7%で「子どもが健康に生まれてくるか」。妊娠前から「元気な赤ちゃん」が生まれてくるか心配している人も。妊娠出産に関するさまざまな情報が手に入る世の中だからこそ、いろいろ気がかりなことも多くなりますよね。

第3位は44.9%で「出産の痛みに耐えられるか」。男性なら耐えられないとも言われるほどの陣痛。それを乗り越えられるのか不安に感じている人も多いみたい。 たしかに、これは心配の種ですね。

ランク外には「育児がちゃんとできるか」「子どもを幸せにできるか」など、子育てについてもすでに悩んでいる人が見受けられました。少子化が叫ばれている今、妊娠・出産・育児に女性が希望を持てる社会を作っていくことが大切なはず。そういった苦悩が少しでも軽くなるよう、社会に参加するみんなが働きかけ、明るい未来を切り開いていきたいものです。(編集部/渡辺)

※『マイナビウーマン』にて2013年3月にWebアンケート。有効回答数330件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]