お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

風疹が大流行! 妊娠予定がなくてもすぐ予防注射をうつべき?

昨年の夏以降、都内で患者数が非常に多くなっているという「風疹」。みなさんは予防接種を受けたことがありますか?

東京都では大人に風疹が流行しているのを受けて、予防接種を受けるように呼びかけているそうです。

風疹の予防接種は通常2回接種することになっていますが、2回接種の定期予防接種が制度化されたのは、男女とも平成2年4月2日以降に生まれた人について。この日以降に生まれた人は受けている場合が多いそうですが、これ以前に生まれた人たちについては、予防接種をまったく受けていないか、1度しか受けたことのない人が多いようです。予防接種は1度だけだと抗体が十分に体につかないこともあるので、2度うつことが推奨されています。

風疹とは三日ばしかとも呼ばれ、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどを特徴とする病気です。ウイルスによる感染症で、咳やくしゃみなどの飛まつで感染します。風疹に対する抗体をもたない女性が、妊娠中に風疹に感染した場合、胎児が白内障や先天性心疾患、難聴などの症状を起こす「先天性疾患先天性風疹症候群」という病気にかかる恐れがあり、注意が必要と言われています(東京都福祉保健局Webサイトより)。

そのため、妊娠を予定している人だったたり、妊婦の夫、職場に妊娠している同僚がいる人などの場合には、妊婦への感染を防ぐために予防接種を受けることを、東京都では呼びかけています。

ちなみに似た名前の麻疹(ましん)という感染症もありますが、お互いにまったく異なるウイルスによる感染症です。

■すぐ妊娠する訳ではないけれど、予防接種は受けるべき?

東京都福祉保健局では、大人に風疹が流行していることを受けて、先天性風疹症候群を防止するため妊娠を予定している女性やその夫は、予防注射を受けてもらいたい最重要な人と考えているそうです。また、職場や身近に妊婦がいる場合も、妊婦への感染予防の観点から積極的に受けてほしいとのこと。

ワクチンには、「風疹単独ワクチン」と「麻疹と風疹の混合ワクチン」の2種類がありますが、風疹単独のほうはもともと流通量が少なく、ほとんど接種できないとか。麻疹と風疹の混合ワクチンなら今のところ在庫に余裕があるので希望すればすぐにできそうです。

東京都では今、区市町村に対して、接種経費の半額を助成する措置をとっているそう。予防接種を受けたい人は、あなたの住んでいる区市町村の情報をチェックしてみて。場合によっては予防接種の費用が免除されたり、減額されることもありますよ。

都内各区市町村の予防接種担当窓口(東京都「麻しん対策のページ」より)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/measles.html

■昔うったか記憶がない!

まずは自分の母子手帳に記録がないか調べてみましょう。すでに母子手帳がない場合には、血液検査を受ければ抗体の有無がわかりますが、別に費用がかかるので、接種したほうがオススメで、回数を多くうっても問題はないそうです。

ちまたを騒がせている風疹の大流行ですが、この記事を参考に、慌てずしっかりと対処してくださいね。

(小池直穂/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]