お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

がんの病因究明につながる、女性特有の"働かないX染色体"とは?

北海道大学大学院先端生命科学研究院の野澤竜介氏、同 長尾恒治講師、同 小布施力史 教授らは、女性にのみ見られる”不活性X染色体”をつくるタンパク質を発見した。この研究結果は、筋ジストロフィーやがんの病因究明の手がかりになるかもしれないという。

ヒトには、X、Y2種類の性染色体があり、性決定を担う性染色体は男性がXY、女性がXXの組み合わせとなっている。男性よりもX染色体を1本多く持つ女性は、どちらか1本の働きを休止させなければ生存できないという。

そのため、働いていないほうのX染色体(不活性X染色体)は、小さく折りたたまれて凝縮した「バー小体」として細胞の核内にあり、遺伝情報を読み取ることができない仕組みをつくっている。また、ヒトの発生や分化に関わる遺伝情報の読み取りも抑制しており、このバー小体が正しく作られないと、さまざまな疾患を引き起こすと考えられているという。

同チームでは、バー小体の形成をつかさどるタンパク質を発見し、この働きを阻止することでバー小体がなくなることを解明。このことから、タンパク質を操作することで、細胞の性質を容易に改変できる可能性が期待できるという。

さらに、このタンパク質は、筋ジストロフィーやがんの発症に関与していることがわかっており、同チームでは、今回の研究結果が、これらの疾患の病因究明の手がかりや、効果的な治療法の開発につながるものと考えているとのこと。

お役立ち情報[PR]