お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 漢方

漢方薬ってほかの薬と併用できるの?

日本で独自に発展した伝統医学「漢方」。イマドキの働く女子にとっても強い味方。「漢方って本当に効くの?」「値段が高そう……」「どこで買えるの?」そんな女子のギモンが一気に吹き飛ぶ! お医者さんで処方してもらえる漢方薬のキホンを押さえる連載です。

漢方医学は日本の気候や生活に根付いた医療

日本に中国から医学が伝わったのは5~6世紀以降。その際、多くの漢方処方薬や生薬、医学の本が持ち込まれました。

その後、室町時代までは伝来した中国の医学にそって医療(診断や治療)が行われていましたが、それ以降は日本で独自の発展を遂げていきます。日本国内の風土や気候、日本人の体質やライフスタイルに合った医学に進化し、確立していったのです。

現代医療で用いられている漢方医学や漢方薬は、日本の伝統医学としてずっと守られ、発展していった「日本独自の医学」と言えるでしょう。

「漢方」という言葉も日本独自のもの

「漢方」という呼び名は、江戸時代に入ってきた「オランダ医学=蘭方」に対してつけられた日本独自の呼び方です。オランダから伝わった西洋医学をオランダ(阿蘭陀)の蘭をとって「蘭方」と呼ぶようになったため、それまでに日本で定着していた医学を「漢方(漢王朝の”漢”に由来)」と呼んで区別するようになったのです。

診療の方法も日本独自

漢方の診察では、舌や脈、おなかを診ます。実はこのおなかを診る「腹診」は、日本で考え出された独自の診察法です※。

また、漢方薬を処方する際に目安にするのが、その人の体質です。その体質を判断する“ものさし”の一つに「気・血・水(き・けつ・すい)」というものがあります。この「気・血・水」という考え方も日本独自で、鎖国のまっただ中だった江戸時代に生まれたものです。

※西洋医学にも「腹診」という方法があります。同じようにおなかを診ますがその方法、目的などが異なります。