お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

最後の恋からもう5年! あの彼は恋人だったけど……

指を触られたくらいでドキッとして、
しかも、恋愛との区別がすぐにはつかないなんて、これこそ
恋愛感度が鈍ってるってことだよね。

最後の恋からもう5年。
ううん、あの彼は恋人だったけど、恋をした相手じゃなかった。
だから、最後の恋はもっと前、大学時代――。

「ほのかちゃん、おかわり何がいい?」
川井さんに言われてハッとした。「あ、ビールで」
「ビール好きなんだ?」
「うん」
「じゃあさ、日本で一番おいしいビールを出す店、知ってる?」
どんな店なんだろう?
「ビールマイスターがいて、ふつうのビールのはずなのに、
味がまったく違うんだ。
ビールってこんなにおいしかったのかーって感激するよ」
すごい、行きたい、そんなビールを飲んでみたい。
「どこにあるの?」
「教えない」

えっ、と驚いた。さっきまで優しげだった川井さんが、
急に冷たい態度を取るなんて……。

そんな私の顔を見て、川井さんは
「僕が連れて行ってあげるから、それまで内緒」とほほ笑んだ。
その瞬間、また、ドキッとした。
今度のときめきは、さっきのとはちょっと違う感じがした。

お役立ち情報[PR]