お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

吹き出物が“出”やすい1年!? あなたの「今年の漢字」は何?

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

原則として、毎年12月12日に発表され、京都の清水寺で揮毫(きごう)される「今年の漢字」。今年選ばれた漢字は「金」とのこと。確かに、金環日食が各地で見られたり、ロンドン五輪では多くの金メダルを獲得したりといったニュースがかけめぐった1年でした。では、自分の1年を振り返ったとき、みなさんはどんな漢字を選ぶのでしょうか。さっそく聞いてみました。



■「出」(26歳・女性/証券)
「吹き出物の『出』です。今年は変な場所にニキビができた1年でした。年始早々、おしりに2つも大きな吹き出物ができ、ビキニを着る夏にはおへその横に、最近になって鼻の穴の中に出来物ができました。鼻の中のニキビは、まるで鼻くそのように見えてしまい、すごく困っています」

20代以降にできやすいという大人ニキビ。ただ、どうしてそんな場所に……と思わずにいられません。

■「保」(28歳・女性/出版)
「小さなことですが……保険に入りました。これまで将来に夢を思い描くことはあっても、この先を心配して保険をかけることなんて何もなかったので。今後の人生を考える年齢になったなぁと実感しました」

大人になり、自分の人生を本当の意味で大事にできるようになったのかもしれませんね。

■「厄」(24歳・男性/IT)
「足を骨折し、財布を2回も落とし、携帯もなくした今年。そういえば数え年で厄年だったと気づきました。早く今年が去ってほしい!」

本厄のあとには後厄が待っていることもお忘れなく。

■「当」(30歳・男性/広告)
「サマージャンボ宝くじが当たりました! 当たったのは、5等の3,000円ですが……。あと、自宅の塀に車を当ててしまったので、その意味も込めて『当』です。来年は気をつけます」

けが人がいなかったのは不幸中の幸い。来年はこの漢字を肝に銘じ、安全運転を心がけてくださいね。

■「定」(27歳・女性/教育)
「ずばり、安定の『定』です。昨年末に転職し、長く働けそうな会社を見つけることができたうえ、彼氏ができました。これまで彼氏ができても、数カ月しかもたなかったのですが、来年の1月で1周年を迎えるので、安定したなぁと実感しています」

ハッピーなニュースを思い返せるのは、いい一年だった証拠ですね。

世相を反映した「今年の漢字」もいいですが、自分だけの漢字を決めるのは楽しいもの。数年後を思い返したときに、「2012年はこんな年だった」と思い返しやすくなるかもしれません。あなたの今年を総括する漢字は何ですか?

(山本莉会/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]