お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

私となら結婚したいってこと? うれしい気持ちの先に

「正直、先輩とは知り合って日も浅いのに、
そんな一生の話はできないとも思ったしね」
「たしかにね」
圭司の話に返事をしながら、
だんだん気持ちが沈んでいった。
結局、元カノ話を聞かされるために、
呼び出されたのかもと思うと、やるせない。

「でもね。結婚のことを考え始めたら逆に
『一生いっしょにいるのはこの人じゃない』
と、はっきり答えが出て。
逆に、先輩との未来を考えれば考えるほど、
思い出すのは梨緒のことばかりだった。
それで先輩とは別れたんだ」

それってわたしとなら結婚したいってこと?
一生いっしょにいたいってこと?

さっきまでのやるせない気分が、
いっぺんに吹き飛んだ。
ハートの真ん中に灯りがついたように、
うれしい気持ちで胸がポッと熱くなる。

「梨緒ほど好きになった人はいない。
ぼくの心に刺さった女性はいない。
お願いだから、もう一度付き合ってくれないか」

お役立ち情報[PR]