お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 インテリア・雑貨

クローゼットは狭くても大丈夫? 冬服の収納で困らない方法

ウォームビズな着こなしが当たり前になっている今、ダウンのコートやスヌードなどのファッションアイテムが活躍していることでしょう。おかげでクローゼットはいつも満タン状態!収まりきらずに、室内にまではみ出したりしていませんか?

一つ一つがかさ張るアイテムだけに、部屋にあると窮屈感が強調されます。「でもクローゼットが狭いから仕方がない」と諦めてはいけません。無理なく収まるしまい方に切り替えて、収納効率を上げちゃいましょう。

■ハンガー掛けの服は肩の位置がポイント

夏場はちょうどよく収まっていたのに、寒い季節がやってきた途端にクローゼットはギュウ詰め状態。服の数は同じだとしても、冬服は厚みがあるので夏服の倍くらいに幅を利かせてきます。しかも、冬の必需品でもあるコートはかさ張るアイテムで、中綿入りやダウンとなれば空気も一緒に収納するようなものです。

そこで冬のクローゼット対策では、ハンガー掛けにした服の肩をずらすのがコツ。交互に肩の位置を下に下げて、肩同士が重ならないようにします。といっても特別な道具は必要ありません。手元にあるリボンやヒモを使って、ハンガーを掛ける位置を調節すればいいのです。これなら今すぐ解決できますね。

ファー襟やフードのついた服があっても、かさ張りが半減することうけあいです。さらにもう一つ。ダッチハンガー(商品名)のように、滑らなくて薄いタイプで揃えるのもいい方法です。そしてパイプに吊るすときには、服の正面を全て同じ方向にするのを忘れずに。

■たためば収納量がアップ

上着やコート、パンツ、スカート、ワンピースといったたたみジワが気になる服は、ハンガー掛けにしますが、たたんでいい服は積極的にたたむことをおススメします。少しでも多くハンガー掛けにしたい気持ちはやまやまですが、パイプの長さは限られているのです。セーターやカットソーなどは、たたんで棚や引き出しに収めましょう。ローゲージのニットやチュニックは、クルクルとロール状に巻くなど、たたみやすい方法でまとめます。

また、夏服と違って冬服の場合は、何回か着てから洗濯することが多いはず。そういった服を一時的に入れておける布製の収納ケースを持っていると便利です。ランドリーバッグのようなものでもOK。室内で整理しておけるようにします。そこいらへんに脱いだ服が積もらないように、ケースに一時収納しましょう。

■まとめ

最後に、防寒用の手袋やマフラー、イヤーマフラーなどの防寒小物は、はずしたあとに無造作に置いておくと、服の下敷きになってしまうかもしれません。ウォールポケットやカゴなどを使って、迷子にならないようまとめておきます。

服や小物のしまい方を見直して、寒い季節を暖かくお洒落に乗り切りましょう!

(住生活アドバイザー:すはらひろこ)

お役立ち情報[PR]