お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム レシピ

北海道のJr野菜ソムリエ「ビタミン☆パワーUP」術は?

はじめまして、フードアナリスト×ジュニア野菜ソムリエのMimi です。今月より『美レシピ』をほか3名のブロガーさんとともに担当させていただくことになりました。仕事に(+恋に!?)なにかと忙しい「がんばる働く女子」の方々にも、無理なくつくることができる、簡単ヘルシーな「野菜料理&スイーツ」を中心に紹介します。

初回ですので、まずは簡単な自己紹介を。私は普段は会社員として働いています。そのほかにお店の取材やブログなどで情報発信するフードアナリスト、さまざまな野菜と触れ合い料理を楽しみながらレシピを考案する野菜ソムリエとしても活動しています。

今回のレシピは、「クミン香る☆ スパイシーパンプキンスープ」です。

そして食材はかぼちゃ。あのやさしい甘さと、ほくほくとした食感が好きという女性も多いのでは? 特にこの時期のかぼちゃは、甘さも増しておいしいですよね。でももしかすると、中にはあのもそもそとした食感が苦手、甘いおかずはちょっと……という方もいらっしゃるかもしれませんね(特に小さいお子様や男性に多いようです)。そこで、そのような方でも食べられるよう、カレー風味を加えて、エスニックなスープにしました。

美肌づくりに欠かせないビタミンB1・B2、ビタミンCが豊富!

「冬至にかぼちゃを食べると長生きする」と言われるように、かぼちゃは栄養価の高い緑黄色野菜です。

かぼちゃに含まれる栄養素のポイントは、
・美肌づくりに欠かせないビタミンB1・B2、ビタミンCが豊富!
・βカロテン(免疫力UP、がん予防、老化予防)
・ビタミンE(血流の流れをよくする=冷え性改善)

ファイトケミカルとしては「ルテイン」(カロテノイドの一種)が含まれています。こちらは目の疲労回復効果があると言われています。また、脂溶性の栄養素が多いので、少量の油を使って効率よく体にとり入れましょう。

クミンシードは、インド料理でよく使われるスパイス。はじめに油で炒め、香りを引き出してから使います。

材料(4人分)調理時間30分

かぼちゃ(バターナッツ使用) 1/2個(正味400g)
油 大さじ1/2
クミンシード 小さじ1/2
カレーパウダー 小さじ1/2~1
タマネギ (中)1個
水 ひたひた量
牛乳(または豆乳) 150~200cc
塩・胡椒 少々
洋風だしの素キューブ 1/2個
胡桃 2個くらい

作り方

  1. かぼちゃの皮・種を取り除き、薄くスライスする。タマネギは薄切り。
  2. 厚手の鍋に油・クミンシードを入れ、弱火で熱する。パチパチ音がしてきたらカレー粉を入れ油となじませる。
  3. タマネギを入れ、しんなりするまで炒める。かぼちゃを加え、全体に油が回る程度炒め、ひたひた量の水にコンソメを砕き入れる。
  4. いったん沸騰させアクを取り除く。その後、中弱火にし、かぼちゃが柔らかくなるまでことこと蒸し煮する。
  5. 粗熱をとってからミキサーにかけ、鍋に戻す。牛乳をミキサーに入れてかくはんし、残った材料とともに鍋に入れる。
  6. 沸騰直前まで温め塩胡椒で味を調える。召し上がるときには砕いた胡桃やパセリなどを飾る。

 

*フードアナリスト×ジュニア野菜ソムリエMimiさん*


野菜料理レシピを考えることが趣味のJr野菜ソムリエ・新米フードアナリストです(普段は食品関係の会社で働いています)。さまざまな国の調理法・味付を学びながら料理を楽しんでいます。

このブロガーさんのレシピをもっと見る

お役立ち情報[PR]