お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 インテリア・雑貨

意外と使える? ショップ袋で手軽にキレイ部屋に

ゴミ箱はいくつありますか? 一人暮らしの多くは2~3個といったところでしょう。細かく分別をする地域では、もっと数が多いかもしれません。一方で、ゴミ箱の数が増えると部屋がゴチャついた印象になってしまいそう。でも、そんな心配は無用です。ゴミのことまで気を配れたら、きれい好きな女子力に磨きがかかりますよ。

■一人暮らしでもゴミは2カ所以上でキャッチ

捨てるのが苦手な人はゴミ箱を持っていない! 一人暮らしだからゴミそのものが少ないといった事情があるせいか、ゴミ箱ゼロ部屋というケースがあるのは事実。とはいえ、ゴミが出ないわけではなく、買い物をした時のレジ袋を床にポンと置いて、それをゴミ箱代わりに使っているということです。そういった使い方をしている場合でも、ゴミ捨て用としてキッチンに一つとテーブル廻りに一つは用意されています。一人暮らしであっても、ゴミ箱は少なくとも2カ所は必要です。

■バッグハンガーと袋でお洒落に捨てる

ゴミ箱の代用品として今すぐにできるやり方は、たとえばショップでもらった見栄えのいい袋を活用。テーブルの端に引っ掛けるバッグハンガーを使って、袋を吊り下げて使います。ハート型やキラキラ付きのお洒落なホルダーなら、化粧台や棚の端に引っ掛けて利用できます。必要なところにさり気なくセットできるから、ゴミ箱があっても併用すると便利です。

さらに、アクセサリーや化粧品を買った時の小さなショップ袋があれば、その袋の上部を5センチほど内側に折り込んで、テーブル上に置いて使ってもいいでしょう。細かいゴミの捨てどきを逃さずその場ですぐにキャッチ。どんどん溜まるショップ袋が有効に使えて一石二鳥です。

■インテリアとして選びたい

これからはゴミ箱選びにも念を入れたいところ。装飾品を見つけるつもりで、インテリアショップを訪れてみましょう。布張りでエレガントな仕上げのもの、カラフルでモダンなもの、メタル製でスタイリッシュなものなど、ゴミ箱以外にも転用して使えそうな入れ物が豊富にあります。また、キッチンで使う場合はコンパクトで実用的に、リビングでは部屋の雰囲気に合ったデザイン重視といった視点で探します。

室内で使うゴミ箱は、フタがあると中身が気にならなくていいのですが、気に入ったものにはフタがないということがあり、捨てやすい反面で中身が丸見えになります。そんなときには、ランチョンマットなどのクロスを掛けて隠すのも一つの手です。また、ゴミ箱の中身をこまめにカラにするのを忘れずに。いっぱいになるまで待つのではなく、翌朝にはゴミとして外に持ち出せるよう、前夜のうちにまとめておきましょう。ゴミ箱の姿かたちにこだわれば、きれいにする習慣も身に付きますよ。

(住生活アドバイザー:すはらひろこ)

お役立ち情報[PR]