お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 マネープラン

「買い物好き」さんが、ストレス最小限で衝動買いを減らすには?

花輪陽子

恋愛、転職、結婚、出産……、さまざまなライフイベントに、マネーの悩みはつきもの。なかなか人には相談しにくいお金とライフプランのお悩みを、編集部が読者に代わり、FP花輪陽子さんにガチンコ相談!

今回の相談者は「衝動買いが多く、貯金がなかなか増えない」という、えりさん(仮名・25歳)。将来のことを考えると、そろそろ貯金しなくてはと思いながらも、手持ちのお金を全部使い切ってしまっているそう。最小限のストレスで衝動買いを減らすにはどうすれば……?(取材・文/島影真奈美)
※えりさん後編はこちら

Q.ほしいものを我慢できない。そんな私に合った節約方法を教えてください!

かわいいものが大好きで、気に入ったものを見つけると、ついつい買ってしまいます。貯蓄したいか? と聞かれれば100%YESなのに、かわいいものを見ると、見る前は「買うまい」と心に決めていても、八割がた買ってしまうのが現状。将来のことを考えると、いつか結婚費用をどうにかしなければ……と考えているものの、なかなか行動に移せずにいます。前職がウエディングプランナーだったこともあり、結婚式自体にはそんなにお金がかからないと知っているけれど、新生活にかかるお金が心配です。(えり/介護サービス/事務職/マーケティング/25歳)

【えりさんprofile】実家暮らし。手取り年収200万円、手取り月収18万円。残業は1~2時間程度。平日の外食は週に1度、学生時代の友人とカフェでごはんを食べるぐらい。化粧品は決まったブランドをライン買い。月1回のネイル、2~3カ月に1回のカット、月1回程度のトリートメント(1回3,000~4,000円)を行う。デート代は基本、彼が出してくれるが、スイーツなど、自分のためのおみやげを買うため月1万円くらい使っている。

編集部 「衝動買いがやめられない」という、えりさん。趣味から美容費、外食までまんべんなくお金を使ってしまっているようで、なかなか貯蓄ができずにいるそうです。

花輪陽子(以下、花輪) 洋服代が月に3万円というのは、同世代でもかなり洋服代にお金をかけているほうですね。

編集部 この夏、転職するまでは制服があったそうですが、現在は私服通勤になったそう。仕事用としても使える服を買い足さなくてはいけないため、やむをえず……ということのようです。ただ、ひとつ4万円くらいするサマンサタバサのバッグをシーズンごとに買ってしまう習慣が大学時代から続いていたり、高校時代からケーキ屋さん巡りがやめられなかったりと、こだわり消費も多いタイプです。

花輪 感情の赴くままに買ってしまっている感じですね。
私もかつてそうだったんですが、衝動買いをする生活をしていると、それが生活習慣のようになってしまっていて、「やめなきゃ……」と思うほど、買ってしまうんですよね。

編集部 えりさんはよくデートでディズニーランドに行くそうなんですが、そのたびに、必ずといっていいほど買ってしまうのがミニーマウスのぬいぐるみだとか。彼もえりさんがミニーマウス好きなことを知っているので、「取りあえず買うか!」と乗ってくれるそう。

花輪 ちなみに、デート代は彼が出してくれているんでしたっけ?

編集部 そのようです。「ディズニーランドで売られている公式のぬいぐるみは顔や衣装がかわいい!」とのこだわりがあり、季節限定の衣装を着たミニーマウスやダフィーの新作ぬいぐるみが出ていると、「今買わないとなくなってしまう!」という焦りからつい買ってしまうとか。

花輪 ぬいぐるみは、1個いくらくらいするんでしょうか。

編集部 4,000円くらいです。

花輪 チケット代にぬいぐるみ代、さらに食事も……と考えると、デート代はかさんでいく一方。今は「彼がおごってくれているから大丈夫」と思うかもしれませんが、将来結婚してお財布がひとつになると考えると、手放しで喜んでばかりもいられません。今、ぜいたくなデートをすることは、将来使えるお金を減らしているようなものなんです。

編集部 なるほど……。何かしら手を打ちたいところですが、「衝動買いをやめよう」と思っていても、つい買ってしまう今の状態を脱出するにはどうしたらいいのでしょうか?

【次ページ】意識できていない「支出のクセ」を浮き彫りにする行動

お役立ち情報[PR]