お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ちやほやされる食材は? 「鍋パーティで株を上げる差し入れ」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

この季節、飲み会を企画した際「寒いから家で鍋にしよう」という機会も増えていませんか? 鍋の基本食材は準備済でも、ちょっとした差し入れを持って行っていけば、「お、やるねー!」と喜ばれるはず! 家飲み・鍋パーティ好き男女に「鍋パーティで株を上げるアイテム」を聞いてみました。

■鍋に+αの食材(27歳・女性/電機)

「その日の鍋に合う地方の食材や、変わり種を持ってきてくれた人はちやほやしちゃう。青森のせんべい汁用のせんべいとかお取り寄せした肉まん、友だちの実家直送のとれたて野菜はうれしかった!」

食材が増えると鍋の中も会話もにぎわいますよね。その日は何鍋をするのかを把握しておくことはお忘れなく。

■スペシャル高級食材(30歳・男性/アパレル)

「量は少しでいいんですけど、牛肉とか魚介類とかちょっと高級なものがあると『入れるよー!』って瞬間、盛り上がります。締めが雑炊だったらブランド卵なんていうのもうれしいですね」

ポイントは「量少なめ」だそう。予算的な負担にもなりませんし、じっくり味わってもらえます。

■いつもは飲まないお酒(28歳・女性/損保)

「ビールの差し入れもうれしいけど、鍋には日本酒が合うんですよね。ちょっといい地酒とか、初心者でも飲みやすいものをチョイスしてくれると、ふだんは日本酒を飲まない子もつい進んじゃうみたい」

家飲みって初めてのお酒にもチャレンジしやすいですよね。でも飲みすぎには注意です。

■雰囲気アップアイテム(31歳・男性/自動車)

「同僚の家でおでんパーティをしたときに、屋台やコンビニによくある仕切りのついた本格的な『おでん鍋』を持ってきてくれた人がいて、一気にテンションが上がりました」

「大将、玉子と大根!」なんて屋台ごっこもできそう!? 道具や器の持ち込みも雰囲気づくりにひと役買いそうです。

■ローカルな調味料(30歳・女性/建設)

「地元や旅先、物産展から調達してきてくれたローカルな調味料。種類があると鍋もいろんな味で楽しめるから、多ければ多いほどうれしい」

調味料でいろんな土地の味を楽しんで、ちょっと旅気分?

■食後のスイーツ(28歳・女性/広告)

「お口直し用の甘いものがあると、鍋が終わってももう一回盛り上がります。女子にはデパ地下系のケーキとかプリン、男子にはガリガリ君みたいなアイスも好評でした」

熱々の鍋のあとのひんやりデザートは最高の贅沢! 最後までパーティのテンションを下げさせません。

■まとめ

喜ばれるもののキーワードは「ちょっといいモノ」。全部スーパーで調達でももちろんおいしいけど、「あの日の鍋はよかった」なんて記憶に残るちょっとスペシャルな鍋にするなら、ひと手間かけて手に入れたアイテムを持ち寄るのもよさそうです。次の鍋パーティ、どんな差し入れで盛り上げてみますか?

(草苅敦子+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]