お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

踏み出したいのに


慎吾さんのテーブルに置いたスマートフォンに、
杏、という人からのメッセージが浮かび上がる。
杏って誰だろう?
旅行の時のツーショットの画像を送って、
とねだる女性はやっぱり……彼女は何なのだろうか。

「メールの内容、気になる?」
彼のスマートフォンを見ているわたしに、
慎吾さんはそう言ってニヤリと笑った。
「あの、別にそんな……」
たしかに他人のメールの中身をチェック、
なんて、あまり行儀がいい行為とは言えない。
わたしはしどろもどろになって、うつむいた。

「いいよ。ぼくは梨緒ちゃんが、
ぼくのメールが気になるのは、うれしいよ」
でもこの人と出かけたのは町内会の旅行。
その時撮った画像をまだ送ってなかったの」

そういって慎吾さんは微笑んで、
ジャケットのポケットに、
すばやくスマートフォンをしまった。
「そうなんだ」
わたしも微笑んで、安心……しようとした。
今、杏さんに返事を出さないのは、
きっと慎吾さんの通信マナーがいいからだよね。

お役立ち情報[PR]