お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

電話をかけて


慎吾さんから電話か。どうしよう。
断ると、ふたりの距離が大きく離れそう。
でも電話で話したら、もっと深い関係になって
……それって、大丈夫かな?
心のどこかで注意信号が点滅している。
わたしはしばらく迷った後、
スマートフォンにイヤフォンをつなぐと
自分から慎吾さんに電話をかけた。

「もしもし、花山です。慎吾さんですか」
「あ、メールくれれば、ぼくからかけたのに」
「でも、それじゃ悪いから」
「ありがとう。で、元気ない理由って何?」

わたしは圭司からメール便が届いたあらましを、
少したどたどしくなりながら、慎吾さんに話した。
そして半年前、突然に別れを切り出されたことも。

「なのに、封筒に新住所があるのがうれしいの。
こんなにされても、まだ好きなんて悲しいし、
自分でもイヤになる」
「あのさ、何があっても『好き』って気持ちを、
悲しんだり悪く思う必要ないよ。
胸張って『それでも好き』でいいと思う。
でも梨緒ちゃん、
本当に、まだその人のこと好きなのかな?」

お役立ち情報[PR]