お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

つまらない


「お友だち、盛り上がってますね。
えっと……花山さんはどの辺りにお住まいですか?」

真穂の話をぼんやり聞いていると、
向かいの少しさえない男性が話しかけてきた。
あ、どうしよう。名前が思い出せない。
その前に、初対面の女性に住む場所を聞くなんて、
ヤだな。ちょっと警戒しちゃう。

「実はわたし、隣の友人に誘われて来ていて、
この辺りに住んでるわけじゃないんです。
あの……どの辺りにお住まいですか?」
「ぼくはこの裏の、三丁目に住んでいるんです」
「そうすか。駅に近いと便利でいいですね」
「ええ」
男性との会話はそこで途切れた。
やがてウエイトレスさんが注文を聞きに来て、
みんなでパスタやピザを頼み、思い思いに食べる。
その間も真穂と栗原さんはスマートフォンを取り出し、
おたがいのフェスの画像を見せ合っていた。
わたしにも見せてくれたけれど、正直ピンとこない。
向かいの男性とは、なるべく目を合わせないようにした。

「それでは、1時間がたちましたので、
別のお店へ移動していただいても結構です」
ああ、つまらなかった。やっと開放される。

お役立ち情報[PR]