お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 映画

結婚したらトキメキはなくなる? 幸せをめぐる考え方(その2)

結婚したらトキメキはなくなる? 幸せをめぐる考え方(その2)

●恋愛は日常から逸脱するもの。結婚とは日常を生み出すもの

ゆかりん 「それで、そろそろ“恋愛と結婚は別物”っていう話を聞いてもいいですか。結婚したらドキドキしなくなるって本当? 私の友人も、結婚生活にはトキメキがなくなっちゃったのかな」

アイ 「それは永遠のテーマね。そもそも、恋愛関係と婚姻関係は別次元のものだと思うのよ。平凡な日常から自分を連れ出してくれるのが恋愛だとしたら、結婚生活は日常そのもの。だから、続けていくには地味な努力も必要っていうだけのことじゃない?」

ゆかりん 「ってことは、やっぱり結婚したらドキドキしないんだ」

アイ 「そういう部分もあるかもね。結婚となると自分のことばかり考えているわけにはいかないし、現実的な手続きも増えて夢見心地じゃいられないしね。そのかわり、与える愛で熟成していく絆は確実にあるんだけど。恋愛初期って、一種の興奮状態でドキドキしているだけなのよ。それがなくなったからといって、愛情までなくなったように感じるのは錯覚よ」

ゆかりん 「興奮状態って、ロマンのかけらもない言いぐさですね。でも、たとえドキドキしなくなったとしても、私は信頼関係がしっかり築けているならそれでいいです。相手もそういう考え方の人だったら、お互いに浮気なんかする必要はないわけだし」

アイ 「それが、ゆかりんの幸せの形ね。それだけイメージがはっきりしているなら、あとは実際のパートナー候補と共有するだけよ。トライ&エラーあるのみね」

ゆかりん 「私の課題は、そこだなぁ。黙って待っていれば、目の前に勝手に相手が現れるなんてうまい話はないですよね。百歩ゆずってトライはいいけど、エラーが問題だ……。今さら恋愛で失敗したくないなぁ」

アイ 「ゆかりん、そんな枯れたこと言わないの。どんな選択にも必ずリスクはあるし、必ず幸せの可能性もあるんだから。失敗したと思ったら、そこからやり直せばいいだけ。遠まわりしたって、最終的に自分が何を望んでいるかってところに戻ってくれば大丈夫!」

ゆかりん 「ううう、他人事だと思ってぇ……。歳を重ねるごとに恋愛のダメージが深くなっていく気がするんだもん。つい慎重になっちゃいますよ。ちなみに、映画の中の女性たちはどうなったんですか?」

アイ 「完全にネタバレだけど、ヴィッキーにとってもクリスティーナにとっても、異国での火遊びは完全に火傷状態で終わるのね。そして、それぞれ自分の居場所に戻っていくって感じ」

ゆかりん 「つまり、エラーだったんだ」

アイ 「そうそう。でも、2人はめげないわよ。だって、恋は終わっても人生は終わらないんだもの。むしろ、こんなの私の生き方じゃないって叫びたくなるような強烈な体験があってはじめて、何気ない日常に幸せを見いだせるというか。そういうことって、あるわよね」

ゆかりん 「ある。それは大いにあるかも。うーん、ここまでの話になるとは。たかが映画、されど映画ですね」

★本日のまとめ★
最短距離で幸せを追求するあまり、冒険できなくなっていませんか。自分が望んでいる幸せの形をハッキリさせるには、あえて既存の枠組みを壊すことや、「これはちがう」と感じる体験を迎え入れる勇気が必要です。とはいえ、今までの自分とちがう生き方を実生活でひとつひとつ試すのは大変なこと。その点、映画の中でシミュレーションするのは自由。ときに自分のキャラクターと大きくかけはなれた登場人物の姿を借りて、「もしも○○だったら……」の世界を疑似体験してみては?

<<前へ戻る 誰もが一度は心に描いてみるアバンチュール……

 

data

『それでも恋するバルセロナ』
ウッディ・アレン監督のロマンティック・コメディ。芸術と情熱の街・バルセロナを舞台に、ひとりの画家をめぐってタイプの異なる3人の女性が織りなす四角関係。結婚と自由恋愛のはざまで、絶妙にこじれていく複雑な恋模様をコミカルに描く。

監督:ウディ・アレン 出演:スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルスほか
DVD 1,890円(税込) 発売:アスミック 販売:角川書店

●オフィシャルサイト http://sore-koi.asmik-ace.co.jp/

監修

著者
三吉野愛子(みよしの あいこ)

1978年、福岡県生まれ。2001年、東京学芸大学教育学部を卒業し、教育系広告代理店に勤務しながら心理カウンセリングを学ぶ。2005年より心理カウンセラーとして活動するかたわら、TV、ラジオ、雑誌の企画監修などを手がける。著書に『恋愛ダメ子の診療所』(日経ウーマン選書)。現在、東京を拠点に、心理カウンセラーの経験を活かし、心理コーディネーターとして活動中。

●オフィシャルサイト http://www.miyoshinoaiko.com/

お役立ち情報[PR]