お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

ついに解禁! この秋は「ボジョレー・ヌーヴォー女子会」で楽しもう♪

毎年、この時期になると解禁のニュースで盛り上がるのが、ボジョレー・ヌーヴォー

2017年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は、11月16日(木)です! ボジョレー・ヌーヴォーとは、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で造られる新酒のこと。フレッシュでやさしい味わいの赤ワインだから、ワイン初心者の女子も、飲みやすくて気分が上がりますよね。今回は、東京・三田のビストロ「Bis×Bar HIBINO」のワイン担当・今道雄大さんに、今の時期のお楽しみ! ボジョレー・ヌーヴォーについて聞いてきました!

ついに解禁! この秋は「ボジョレー・ヌーヴォー女子会」で楽しもう♪

まず、今年のボジョレー・ヌーヴォーの出来具合は、いかがですか?

「例年、最高の出来と言われてきたボジョレー・ヌーヴォーですが、今年は、ぶどうにとって厳しい年だという現地からの情報が入ってきています。果実は小さく房も少なめですが、畑の管理や醸造法によって、高品質なヌーヴォーが造られていますので、今年はどの生産者のワインを選ぶかが重要になりますね」

厳しい環境でも、おいしいワインができ上がっているということ! 楽しみですね。ボジョレー・ヌーヴォーというと、ちょっとワインは苦手……という女子でも飲みやすいと言われますが、その理由は?

「ボジョレー・ヌーヴォーは、その年に収穫されたぶどうで造るので、熟成の期間がかなり短いんです。そこで、非常にフレッシュでフルーティなワインができます。イチゴやベリー系に加え、バナナや黒砂糖のような甘い香りがすることも特徴。華やかな香りと苦味が少ない爽やかな味わいで、ワイン初心者の女子にも楽しみやすいですね。女子会などでわいわいしながら、カジュアルに飲むのにぴったりだと思います」

まさに女子会のテーブルを飾るのにふさわしい飲み物! ボジョレー・ヌーヴォーを楽しむなら、一緒に合わせたいオススメの料理はありますか?

「ボジョレー・ヌーヴォーはフレッシュなワインなので、こってりとした料理よりも、さっぱりとした料理との相性がいいと言われています。たとえば、ハムやフレッシュな香草を練りこんだソーセージは、とても相性がよいです。もちろん、ワインのお供である、チーズもオススメ。熟成期間の短いカマンベールチーズと、ボジョレー・ヌーヴォーは、フレッシュなもの同士、とてもよい相性になります。また、チーズベースのデザートや、黒砂糖のニュアンスのあるスイーツとも相性がいいので、ぜひ試してみてください」

続いて、解禁からボジョレー・ヌーヴォーが楽しめるお店「Bis×Bar HIBINO」のオススメのメニューを教えてもらいました!

「ボジョレー・ヌーヴォーと合わせるなら、“じゃがいも豚のブレゼ”がオススメです。これは、赤ワインで煮込んだ、とても柔らかいじゃがいも豚の料理。赤ワインの甘めのソースがかかっていて、ボジョレー・ヌーヴォーとベストマッチ。また、定番のソーセージの5種盛りもオススメです」

■まとめ

女子にも楽しみやすいボジョレー・ヌーヴォー。料理とのおいしい組み合わせで、この時期だから楽しめるフレッシュなワインを仲間と楽しんでみては? トークもはずんで、素敵な時間が過ごせるはず!

(橋元理恵/escala編集部)

【働く女子の実態】飲める「ザル女子」と飲めない「下戸女子」、男性の本音は?

【働く女子の実態】「お酒で失敗」は約4割! 失敗した女子のエピソードとは?

お役立ち情報[PR]