お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 マネープラン

実はキケン!? 結婚すると苦労する「浪費家男子」の意外な特徴

花輪陽子

恋愛、転職、結婚、出産……、さまざまなライフイベントに、マネーの悩みはつきもの。なかなか人には相談しにくいお金とライフプランのお悩みを、編集部が読者に代わり、FP花輪陽子さんにガチンコ相談!

「しっかり女子」だからこそ、収入のなかできちんとやりくりできる男性とお付き合いしたいと考えている、相談者のひーこさん。「なかなかお金の価値観が合う男性に出会えない」のが悩みだとか。すべてをパーフェクトに満たす相手はなかなか難しいけれど、浪費家の男性の特徴がわかれば、“見る目”を養えるかも。男性の金遣いで、おさえておくべきチェックポイントを花輪陽子さんに聞いてみました。(取材・文/島影真奈美)
※ひーこさん前編はこちら

買い物に行ったとき、値下げされた商品を見ると「買わないと損してしまう!」と、ついつい購入してしまうという、ひーこさん。よく買うのはパンや総菜、お菓子。少しずつ余ったお菓子がたまっていくのが悩みだとか。
買い物に行ったとき、値下げされた商品を見ると「買わないと損してしまう!」と、ついつい購入してしまうという、ひーこさん。よく買うのはパンや総菜、お菓子。少しずつ余ったお菓子がたまっていくのが悩みだとか。

編集部 前編で教えてもらった、男性の浪費家を見分ける20のチェックポイントですが、どのような男性にも、1つや2つはあてはまるものがあるというお話でした。

花輪陽子(以下、花輪) そうですね。1つもあてはまらない人を探すのは至難の業だと思います。

編集部 項目によって、浪費家といっても軽症の可能性が高いものもあれば、重症の可能性があるものなど、さまざまかと思いますが、特に「この項目に当てはまる人は危険度が高い」というのはどのあたりでしょうか。

花輪 「パーマをかけている」「高額ブランドのかばんや靴を持っている」「ブランドやヴィンテージのデニムを身につけている」など、「おしゃれ支出」が多い男性は、付き合っている分には格好いいし、すてきですが、結婚後も独身のときと同じように散財する傾向があります。こだわりがあるので身につけるアイテムのレベルを落とせないんです。

編集部 「ケータイの新機種が出るたびに買い換える、カメラやビデオにこだわる」というのも出費がかさみそうですが、シーズンごとに新しいものが出てくる洋服のほうが買い物の頻度は高くなりそうですもんね……。

花輪 「『一発当てたい』『ビッグになりたい』といった発言が多い」のも要注意ですね。このタイプの男性は、起業して成功するのを夢見て、ある日突然、会社を辞めてしまったりするので気をつけたいです。

編集部 ちなみに、そのまま成功するという可能性は……?

花輪 ないとは言えませんが、基本的に夢見がちな人なので、さほど計画性があるわけではなく、後先考えずに仕事を辞めてしまう可能性のほうが高そうです。付き合っているだけならともかく、結婚して子どもがいたりすると、生活を守る負担がすべて奥さんにかかってくるので、なかなか大変な相手です。

編集部 仕事ができる男性はそもそも、「一発当てたい」「ビッグになりたい」といったようなことをあまり口にしなさそうですよね。では、浪費家になる可能性がもっとも高い、「要注意な男性」とは、どんなタイプなんでしょうか?

【次ページ】生活習慣を改められる男性は少ない

お役立ち情報[PR]