お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く女子に聞く! 「職場の人間関係で問題が起こりやすいシチュエーション」

職場でのトラブルはストレスの元。特に人間関係の悩みは、働く女子を苦しませている大きな要因です。今回のランキングは「職場の人間関係で問題が起こりやすいシチュエーション」について。一体、どんな場合に危険度が高いのでしょう?

働く女子に聞く! 「職場の人間関係で問題が起こりやすいシチュエーション」

 ●第1位/「上司がワンマン」……42.4%
 ○第2位/「離職と入社が激しい」……36.8%
 ●第3位/「部署内に派閥がある」……33.5%
 ○第4位/「お局様がいる」……22.5%
 ●第5位/「同族経営」……18.2%
 ○第6位/「正社員と非正社員の扱いに差が大きくある」……17.6%
 ●第7位/「社内異動が激しい」……9.8%
 ○第8位/「昇進が年功序列」……8.1%
 ●第9位/「上司が部下より年下」……6.8%
 ○第9位/「社員男女比が偏っている」……6.8%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は42.4%で「上司がワンマン」でした。組織内で権力を持つ上司はある種のカリスマ性が必要なものの、それが裏目に出ると職場に異常な緊張感が。部下の意見を聞かず、暴走しはじめると大問題に発展しやすいよう。

第2位は36.8%で「離職と入社が激しい」。こちらを選択した人は「離職が多いということは、会社に何らかの問題があるということ」と回答。なかなか人が育たず、仕事にも支障が出て、人間関係の不満も溜まっていくみたい。

第3位は33.5%で「部署内に派閥がある」がランクイン。権力が二分していると、確認作業も2倍に。さらに意見が対立すると、ゴタゴタに発展するそう。「いじめの原因にもなる」という意見もありました。

「職場の人間関係で問題が起こりやすいシチュエーション」についてわかった今回のランキング。多少の我慢は必要ですが、環境の悪いところで無理にがんばり続けるのは心も体もぼろぼろになる危険性が。今の会社がランキングの内容に多数当てはまる人は、転職も視野に入れて人生設計を立て直してみてはいかが?(編集部/渡辺)

※『escala cafe』にて2012年10月にWebアンケート。有効回答数307件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]