お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

嫉妬深いのは勘弁? 「元カノのほうがよかった」と思う瞬間

彼と一緒にいるとき、ふと「元カノと比べられているのでは」と不安になったことはありませんか? 彼にご飯を作ってあげたとき、デートでの振る舞いなど、考えたらきりがないけれど、できるのなら元カノに勝ちたい! なんて思ってしまいますよね。社会人男性に、「元カノのほうがよかった」と思う瞬間について聞きました。

嫉妬深いのは勘弁? 「元カノのほうがよかった」と思う瞬間

■今の彼女が嫉妬深い(30歳/広告)

「何もしてないのに、ある日突然今カノが『どうせ元カノと連絡とってるんでしょ』と被害妄想に走るときがある。元カノはそんなに嫉妬しないし、けっこうさばさばしたタイプだったので、正直『あの子といたころのほうが楽だった』と思い返すときがあります」

元カノよりも嫉妬深いと、余計にうんざりさせられてしまうよう。昔の彼女については、なかったこととしてしまうくらいでいいのかもしれません。

■匂いがちがう(25歳/映像関係)

「彼女と街を歩いているときに、元カノのつけていた香水と同じ香りがすると、ふっと気持ちがそっちにいってしまう。特にその香りが好きだった場合、つい楽しかった思い出を思い出して、『よかったな』なんて考えます」

香りについては対処のしようがないので、「男性なんてそんなもんだ」と割り切ってしまうか、もしくは彼好みの新しい香水をプレゼントしてもらうのが吉?

■店を決めてくれない(26歳/デザイン)

「元カノはちょっとわがままな子で、『何が食べたい?』と聞くとサッと答えてくれていた。今カノは『なんでもいいよ』と合わせてくれるので、ちょっと物足りないです。僕自身、振りまわされたいタイプということもあるのですが、もっとわがままを言ってくれればいいのになと思います」

今カノと別れてわがままな女子と付き合った際、「やっぱり言うことを聞いてくれる子のほうがいい」などと言いださないようにしてくださいね……。

■手のつなぎ方や歩いているときの立ち位置(31歳/教育)

「彼女と歩いているときに、『私、道路側が落ち着くの』というので僕が歩道側を歩いたのだけど、どうにもしっくりこなくてイヤだった。手のつなぎ方も、元カノが指をからめてくるタイプの人だったので、今カノとの手を握る状態が不自然に感じられる。細かくてわがままな意見だと思いますが、生理的な問題なのでけっこう切実です」

自分と一緒にいることを心地いいと思ってほしいなら、彼の好きな立ち位置に合わせるのが正解?

元も子もない結論ですが、今カノは元カノのことをいっさい気にしないのが、もっともシンプルな対処法なのかもしれません。あなたはどう思いますか?

(小野田弥恵/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]