お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

リフレッシュ方法は? 「どうしても仕事スイッチが入らないときにとっている方法」

毎日仕事をしていると、「どうしてもやる気が出ないとき」というのがあります。しかしそんなときでも、仕事を投げ出すことはできません。そこで、働く女子のみなさんに「どうしても仕事スイッチが入らないときにとっている方法」を調査してみました!

リフレッシュ方法は? 「どうしても仕事スイッチが入らないときにとっている方法」

 ●第1位/「おやつを食べる」……35.2%
 ○第2位/「外の空気を吸いに行く」……22.1%
 ●第3位/「仮眠をとる」……19.5%
 ○第4位/「ちがう仕事をする」……15.6%
 ●第5位/「ストレッチや軽い運動をする」……15.0%
 ○第6位/「思い切ってその日はやめて、翌日やる」……11.1%
 ●第7位/「とにかくがんばる」……8.5%
 ○第8位/「好きな音楽を聴く」……3.9%
 ●第8位/「やることを書き出してみる」……3.9%
 ○第10位/「誰かに相談する」……2.6%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は35.2%で「おやつを食べる」でした。特に「甘いものを食べてリフレッシュするとともに脳に栄養を与える」という人が多かったです。仕事スイッチを入れるときだけでなく、イライラしたときなんかにも有効ですね!
第2位は22.1%で「外の空気を吸いに行く」。仕事を効率よくこなすために気分転換は重要です。歩くことで脳が活性化するという話もありますよね。「同じ場所にいると頭が働かなくなる」という声も。
第3位は19.5%で「仮眠をとる」。どうしてもやる気が出ないときはあえて寝てみるというのも有効な手。少しの睡眠でおどろくほどスッキリしますよ。ただし、寝すぎには要注意!
どうしてもやる気が出ないときは、無理につづけようとするのではなく、一旦その仕事から離れて気分を切り替えることが大事みたい。あなたはどんな方法で仕事スイッチを入れていますか?(編集部/佐藤)

※『escala cafe』にて2012年10月にWebアンケート。有効回答数307件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]