お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 働き方

突然のリストラ……フリーを経て現在の会社へ

突然のリストラ……フリーを経て現在の会社へ

「一社目のとき、空いた時間でコーディングなどHP制作を勉強していました。それが二社目で役立ちました」

高校時代、「音楽を制作する仕事がしたい」と考えていたという熊倉さん。ボストンのバークリー音楽大学に入学した理由も、音楽制作を学びたかったからと言います。

卒業後は帰国し、京都のゲーム制作会社にサウンドクリエイターとして入社しました。

「ゲームのエンディングテロップにサウンドクリエイターとして名前が載ることが夢だったんです。入社一年目でそれがあっさり叶って、うれしかったですね」

ところが、入社から数年後のこと。ベンチャー企業として勢いのあった会社の経営が傾き、会社都合で退職を言い渡されました。いわゆるリストラです。

「ほかの社員が『明日から来なくていいってことですか?』って聞いたら『そういうことと受け取ってもらってかまいません』って。会社って怖いところだなと思いました。私は退職までに少し時間の猶予があったので、その間に取引先に『フリーになるので、何かあったら仕事をお願いします』と連絡を取ったりしました」

退職後、一年間はフリーランスで働いたあと、派遣スタッフとして現在勤めるフリューに入社。

「学生枠での募集だったのですが、電話をして『学生ではないけれど大丈夫ですか?』と聞いたらOK。即採用でした」

熊倉歌織さんのプロフィール

バークリー音楽大学を卒業後、京都のゲーム制作会社にサウンドクリエイターとして入社。その後、会社都合で退社し、一年間フリーランスで音楽制作活動を続ける。2004年1月にオムロンエンタテインメント株式会社(現フリュー株式会社)に派遣スタッフとして入社。二年後に正社員に。現在はデコ素材の制作チームで企画開発を手掛ける。2008年に入籍。


お役立ち情報[PR]