お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

仲間と? ひとりで? 働く女子の「2012オリンピック観戦法」

いよいよ開幕したロンドンオリンピック! 「日本の代表として、4年間のがんばりを思う存分発揮してきてほしい」(24歳/団体・公益法人・官公庁)という女子も、「こういうときだけ愛国心が強まる(笑)」(34歳/営業職)という女子も、これからしばらくはテレビッ子となって、オリンピック三昧な日々を送るのでしょうね。そこで今日は、女子たちの「楽しいオリンピック観戦法」を集めてみました。ぜひ、あなたの観戦プランのご参考に!

仲間と? ひとりで? 働く女子の「2012オリンピック観戦法」

■どこで見る? 誰と見る?

「スポーツバーに集まって観戦」(33歳/医療・福祉)、「ホームパーティをしながら、みんなでワイワイお祭り気分で」(26歳/自動車関連)、「家族全員集合して」(29歳/金融・証券)というように、大勢で見るのも一興。また、「ひとりで真剣に見る」(22歳/食品・飲料)、「布団に入ってゴロゴロしながら」(23歳/団体・公益法人・官公庁)という具合に、マイペースに観戦するのもまた一興。あなたはどっち派?

■21世紀の情報技術で“つながる”

感動したとき、人はその想いを誰かに伝えたくなるもの。そんなとき、インターネットやSNSを上手に利用するのが、現代的なコミュニケーション。「ネット経由で応援メッセージをタイムリーに送信」(28歳/団体・公益法人・官公庁)、「Twitterで観戦実況する」(28歳/情報・IT)、「深夜のテレビ中継は、ネットの実況スレを見ながら一緒に盛り上がる」(30歳/医療・福祉)などの方法で、もうひとり観戦も寂しくない!?

■あなたの好みは何チャンネル?

テレビ視聴者として観戦する際、オリンピック番組の構成力は重要なポイント。とはいえ、何をもってよい番組とするかの着眼点は、人それぞれ。「キャスターに選ばれた櫻井くん(嵐)のファンなので、ファン仲間の友だちとオリンピック中継を見ると盛り上がる」(29歳/生保・損保)という人もいれば、「純粋に競技を見たいので、NHK派」(23歳/商社・卸)という人も。音声のみで白熱を感じ取る、ラジオ観戦というのも意外にアリかも!

■世界を感じる

いうまでもなく、オリンピックは世界平和の象徴。そこで、試合を見ながら、こんな方法で広い世界をさらに実感してみるのはいかがでしょう?「地図を見ながら、『この選手はこの辺りの国の人なのかぁ。遠いところから来てるんだなぁ』と知ると楽しい」(25歳/商社・卸)、「外国人が集まるバーで、いろんな国籍の人と混じって応援したことがある。韓国人の女性が、彼氏の国・ブラジルを応援しているような、不思議な情景が広がっていた」(28歳/機械・精密機器)など、いろんな国の視点からオリンピックを見てみると、楽しさや感動も倍増しそうです。

2012年のオリンピックはラッキーなことに、開催地ロンドンと日本の時差がちょうどよい具合。仕事が終わって家に帰ってから、タイミングよくゆっくりと中継を見られる人も多そうです。4年に1度のスポーツの大祭典を、可能な限りエンジョイしたいものですね!

(プレスラボ+つくしの万葉)

『escala cafe』にて2012年6月にWebアンケート。有効回答数278件(escala cafe会員)。

お役立ち情報[PR]