お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
マネープラン

初めてのひとり暮らし。気づけば予算オーバーだらけ! やりくりのコツは?

花輪陽子

恋愛、転職、結婚、出産……、さまざまなライフイベントに、マネーの悩みはつきもの。なかなか人には相談しにくいお金とライフプランのお悩みを、編集部が読者に代わり、FP花輪陽子さんにガチンコ相談!

恋愛、結婚、転職、出産……。働く女子には転機がいっぱい。みんなの悩みにファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんがアドバイスする新連載「花輪陽子のハピマネ塾」はじまります! トップバッターは、ひとり暮らしをはじめたばかりのサチ子さん(仮名・27歳)です。慣れない新生活ということもあり、気づくとなにかと出費がかさんでいるんだとか。(取材・文/島影真奈美)
※サチ子さん後編はこちら

Q.初めてのひとり暮らし。うまくやりくりするには?

社会人6年目で初めてひとり暮らしをはじめました。実家暮らしが長かったせいか、ついムダ遣いしてしまいます。手取り額から天引き貯蓄分、家賃などの引き落とし分を差し引くと、自由に使えるお金は月々約3万円。でも、結局予算オーバーしてしまい、実家にいたころの貯金を崩してしまっています……。今後、劇的にお給料が増えるというのも期待薄。今のお給料でひとり暮らしをしながら、貯金もできる上手なやりくり方法を教えてください。(サチ子/金属・鉄鋼・化学/事務職/27歳)

【サチ子さんprofile】家賃8万円・6畳1Kでひとり暮らし。彼氏はいないが、いい人がいたら2~3年以内に結婚したい。手取り年収270万円、手取り月収18万円。財形貯蓄で月々3万円ずつ積み立てている。貯蓄額250万円。

編集部 つい最近、ひとり暮らしをはじめたばかりだというサチ子さん。会社には毎日手作りのお弁当を持参するなど、自炊もがんばっているんですが、なかなかやりくりがうまくいかないのが悩みだそうです。

花輪陽子(以下、花輪) 財形貯蓄をしているのはすごくいいですよね。「残った分を貯蓄しよう」と思っていても、なかなか貯まらないので、まずは貯蓄分を先によけてしまうことが大切です。

編集部 天引き貯蓄はどれくらいの金額を目安にすればいいのでしょうか。

花輪 ひとり暮らしの場合でも、手取り月収の10~15%くらいは貯蓄に回したいですね。やりくりに慣れてきたら、手取り月収の25%くらい貯蓄できると理想的。実家暮らしの場合は家賃などがかからない分、余裕があるはずなので30%くらいは貯めておきたい。

編集部 手取り月収18万円のうち、月3万円を積み立てているサチ子さんは、毎月、給料の約17%を天引き貯蓄している計算になりますね。ひとり暮らしと貯蓄を両立するための第一関門はクリア?

 

お役立ち情報[PR]