お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

イケメン評論家に聞く! 五輪で女子的注目を集める期待の星は?

7月27日からロンドン五輪がはじまりますね。女子の中には、「ふだんスポーツとは縁がないし」「かろうじてサッカー日本代表戦くらいならテレビで見るけど……」なんて思っている人も多いのでは? でも、いざ大会がはじまってしまえば、日常ではまずお目にかかれないようなスーパープレイの数々に、きっと目を奪われるはず。

イケメン評論家に聞く! 五輪で女子的注目を集める期待の星は?

五輪というたった一瞬のために、鍛えぬかれた肉体、輝くばかりの笑顔と涙。キラリと光るイケメンたちの雄姿とあれば、女子の心はキュンキュンと高鳴りますよね。もしかすると、本大会をきっかけにファンとなって、今後も応援……なんてこともあるかもしれません。とはいえ「今まで見てなかったから、どの選手が注目なのかすらわからない」なんてこと、ありませんか? そこで女子的視点から、大会の見どころや期待の選手について “イケメン評論家”の内藤みかさんに教えていただきました。

―内藤さん的な本大会の見どころを教えてください。

「野球も男子バレーも日本選手が出場しないので、少しさみしい五輪ですが、ほかにも楽しみはいっぱいあると思いますよ。メダル獲得の喜びを味わいたいなら、やはり水泳かな? どんどん強くなっているサッカーも見逃せません」

―五輪に出場するイケメン選手の観戦ポイントは?

「やはりサッカーはイケメン揃いですし、それぞれパフォーマンス時の表情も豊かなので、観戦していて楽しめると思います。

純粋にイケメン選手の逞しい身体を鑑賞したいのであれば、水泳は筋肉もはっきり見えていいですね。陸上や体操も、筋肉の動きがくっきり見えるので、トキメキの連続です。

個人的には、2時間以上ずっと走っているマラソンを、いつも楽しみにしています。しだいに苦しくなっていく表情に、母性がくすぐられるのです」

―ふだんスポーツ観戦をしない女子でも五輪を楽しめますか?

「私も詳しいルールまでは把握できていませんが、すてきな男性が日本代表として晴れの舞台に立っている姿を見るだけで、感動してしまいます。五輪という夢に向かって、4年間努力し、夢をかなえたその姿を一緒に見届ける。彼らの記念すべき一瞬にテレビを通して寄り添っていられるだけで、私は大満足です。

悔しがる姿や汗をぬぐう仕草など、試合中もよいシーンはたくさんありますが、やはり特筆すべきは試合後のインタビュー。時に涙ぐむ選手もいて、もらい泣きしてしまいます」

―自分好みのイケメン選手を探すには、どうすれば?

「ネットやガイドブックなどで、まず選手一覧を見ることです。そうすれば、知る人ぞ知るイケメン選手を見つけることができるでしょう。気になる選手はネットで検索してみて。ほかの画像や詳しいプロフィール、選手によっては試合の動画なども観られます。TwitterやFacebookなどを利用している選手もいますので、応援メッセージを送ると楽しめるかも」

★内藤さんが気になるイケメン日本代表は?★

■加藤凌平 選手(体操競技男子団体総合/個人総合/種目別)■

18歳/162cm/54kg ご両親が体操選手というサラブレッド。「3つの大会で床運動1位を獲得、床での活躍が期待されます。ビジュアル系バンドにいてもおかしくないほどのクールなまなざしなのに、まだ18歳で初大会の初々しさに注目」(内藤さん)とのこと。

■入江陵介 選手(100m・200m背泳ぎ)■

22歳/178cm/64kg “カエル王子”の愛称で親しまれている背泳ぎのスペシャリスト。「日本記録を何度も更新する、メダルが期待される選手。注目は前回の北京大会よりも、ひときわ逞しくなった胸回りの筋肉! 大人の男の色気すら感じます。かなりセクシーになった入江くんの身体。まぶしいけれど、しっかりテレビで直視しちゃいましょう!」(内藤さん)。応援により力が入るかも!?

■中本健太郎 選手(男子マラソン)■

29歳/173cm/58kg 今年3月のびわ湖毎日マラソン大会で自己ベストの2時間8分53秒を記録、日本人2着。「最近どんどん力をつけているマラソンランナー。物静かそうなルックスで、まるでお兄さん的な風格を感じる中本選手。きりっと結んだ唇もすてき。強い意志を感じられる彼が、真っ直ぐ前を向いて淡々と走っていく様子を、いつまでも観ていたいです」(内藤さん)。

■池田信太郎 選手(バドミントン混合ダブルス)■

31歳/175cm/71kg  元オグシオの潮田玲子さんとペアを組み、「イケシオ」と呼ばれることも。2011年全日本総合バドミントン選手権大会混合ダブルス優勝。「混合ダブルスは、美男美女2人による美しいコンビネーションが魅力。優勝した時のハグも絵になります。カップルっていいなあ、息のあった恋人がほしいなあと思わせられます(実際のところ池田さんは他の方と結婚しているんですけれども……)」(内藤さん)。2人の息のあったコンビネーションが見どころですね!

今回ご紹介した4名は日本男子期待の星。日本代表全員にエールを送りつつ、あなたはどの選手に注目しますか?

(協力:内藤みか、文:小池直穂/escala編集部)

お役立ち情報[PR]