お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

返信が面倒!? 「ネットでの人間関係で悪かったこと」

前回は「ネットでの人間関係でよかったこと」のランキングでしたが、今回は逆に「ネットでの人間関係で悪かったこと」について聞いてみました。ネットの人間関係が複雑化したことのマイナス面とは、一体なに?

返信が面倒!? 「ネットでの人間関係で悪かったこと」

 ●第1位/「返信が面倒」……23.3%
 ○第2位/「しつこく誘われた」……12.8%
 ●第3位/「ネットに時間がかかりすぎる」……11.8%
 ○第4位/「知りたくないことを知ってしまった」……7.7%
 ●第5位/「プライバシーが漏れてしまった」……6.4%
 ○第6位/「知り合いが増えて、自由に発言できなくなった」……6.1%
 ●第7位/「仲よくなったと思ったら一方的に連絡が途絶えた」……5.8%
 ○第7位/「嫌いな人でも無視できなくなってしまった」……5.8%
 ●第9位/「こっそり悪口を言われた」……3.5%
 ○第10位/「論争になってしまった」……2.6%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は23.3%で「返信が面倒」でした。「なんて返事をしたらいいかわからないことがある」という意見が目立ちました。返さなくてはならないというルールはないのに、なぜか申し訳なくなって結果的にネット自体が面倒になってくるんですよね。
第2位は12.8%で「しつこく誘われた」。ネットだけの関係でいたいのに、しつこく会おうと誘われていやになったという人は多いみたいです。
第3位は11.8%で「ネットに時間がかかりすぎる」。たくさんの人が「気づくといつの間にかネットで長時間話していた」という経験があるのでは? 楽しいからしていたのに、あまりにそれが続きすぎると、逆に面倒くさくなってくるかも。
どうやらネットでの人間関係も、現実の世界と同じでいいことばかりではないよう。うまくスルーする技術を身につけて、自分の精神面のケアをしっかりしておくことが大事ですよ。(編集部/佐藤)

※『escala cafe』にて2012年6月にWebアンケート。有効回答数313件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]