お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

最終話 明日に向けて


どうしよう。めまいがするくらいに、
胸がドキドキして、顔が熱い。
今ならまだ憧れの人と、安心安全な日本で、
自分の才能を着実に伸ばせる未来が待っているのかも。
どうしよう、どうしよう。考えに考えてから唇を開いた。

「臼井さん。わたし今、ものすごく迷いました。
思わず『結婚やめますから付き合ってください』
とか、言っちゃいそうでした。
でも、やっぱり彼と結婚して中国へ行きます。
もしかしたら、この選択は間違いかもしれない。
でも……もう決めたんです。わたし、行きます」

臼井さんは少し黙った後で、ケラケラと笑う。
「うわあ、すごく残念。失敗したな。
勤務中じゃなかったら、もっと本気で口説けたのに。
いや、八坂さんは営業として筋もよかったし、
かわいいし、これからが楽しみだったけど……
でも仕方ない。どうか、幸せになってください」

わたしは「はい」と答えて、笑顔で席を立った。
臼井さんも笑っている。
こんな風に別れるのは寂しいけれど、
でも、わたしにはわたしの未来がある。
仕事が終わったら一生に電話して、
来年春の住まいの相談をしよう。ふたりの未来の話を……。
八坂美羽(27歳)
中堅の不動産会社の営業事務。明るくやさしい性格だが、押しが弱い。
坂口一生(29歳)
大手アパレル店の店長。明るく元気で頭の回転が早く、よくしゃべるタイプ。
臼井数馬(29歳)
美羽の不動産会社の先輩で営業職。落ち着いてしっかりとした性格。
安藤朋美(27歳)
美羽の友人。明るくさばけていて、行動力がある。美羽の会社の同期。

お役立ち情報[PR]