お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

54話 未来の形


言葉はこわい。
本心を口にしたのならなおさら、
相手からも正直な気持ちが返されるはずだから。
もしかしたら、結婚の話はなかったことになる?
わたしは緊張しながら一生の返事を待った。

「おれもほとんど何の説明もしなくて悪かった。
実はこっちも会社から何も聞かされてなくて……
でもやっと中国での生活の話が少しは出てきたんだ。
まずね、勤務地は上海か香港か大連」
「農村ってことはないんだ」
「それはない。出店しても売り上げがむずかしいから」
わたしはその返事を聞いて、大きく息を吐いた。

「ただね……どの都市に住んでも、
基本、住居は自分たちで探すことになる。
家賃は東京よりも高いかもしれないけど、
そこは会社から補助が出るから大丈夫。
……ただ、探すのが意外にたいへんらしい。
場所は日本人の多い地区がいいらしいけど、
この辺は、先輩なんかに聞いて調べてみるね」

一生の説明を聞きながら次第に心がほぐれていった。
ふたりの未来に関心がないのだと思ってたけど、
でもそうじゃなかったことがわかって、うれしい。
八坂美羽(27歳)
中堅の不動産会社の営業事務。明るくやさしい性格だが、押しが弱い。
坂口一生(29歳)
大手アパレル店の店長。明るく元気で頭の回転が早く、よくしゃべるタイプ。
臼井数馬(29歳)
美羽の不動産会社の先輩で営業職。落ち着いてしっかりとした性格。
安藤朋美(27歳)
美羽の友人。明るくさばけていて、行動力がある。美羽の会社の同期。

お役立ち情報[PR]