お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

36話 葛藤


一生と結婚して、中国で生活する。
友だちも親もいない外国。
英語なら少しはできるけど……中国語は知らないし。
行ったらわたし、どんな毎日をおくることになる?
それに中国って、都市と農村で、
生活がぜんぜん違うんじゃなかったっけ?
いったいどこで暮らすんだろう?
瞬く間に頭の中が?マークだらけになって、
なんて答えていいのかわからなくなった。

だけど。一生涯ひとりかもしれない不安は、
このプロポーズを受ければ、解消される。
とても正直な気持ちを言うと、
一生が自分と結婚したがっているというだけで、
表現しがたい喜びと安心感がこみ上げてくる。
自分に、誰かが生涯をかけて愛する価値がある、
そう感じる喜びは、目頭が熱くなるほどだった。
この気持ちを手放したくない。

わたしはそんなうれしさと、異国で暮らすかも、
という得体のしれない不安の両極端に揺れ動きながら、
一生への返事を必死に考えていた。
今までも就職活動や、職種の選択に悩んだけれど、
今回の返事は、それとは比較にならないくらい、
重大でむずかしい。
だってきっと、絶対間違ってはいけないはずだから。
八坂美羽(27歳)
中堅の不動産会社の営業事務。明るくやさしい性格だが、押しが弱い。
坂口一生(29歳)
大手アパレル店の店長。明るく元気で頭の回転が早く、よくしゃべるタイプ。
臼井数馬(29歳)
美羽の不動産会社の先輩で営業職。落ち着いてしっかりとした性格。
安藤朋美(27歳)
美羽の友人。明るくさばけていて、行動力がある。美羽の会社の同期。

お役立ち情報[PR]