お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

27話 誰かの恋人


だけど臼井さんとその彼女らしき女性は、
それからすぐに席を立ちカフェを出てしまった。
「いやあ、見ちゃったね」
臼井さんがカフェで女のコと過ごすのを、
思い切り観察してしまったわたしたちは、
ちょっと後ろめたい気持ちで、
すっかり冷めてしまったフォーを慌ててすする。

「でもいいなあ。わたしは一生から、
あんな真剣に、肩に手を置いて話とかされたことない」
思わず口をとがらせて言うと、
朋美に愉快そうに「ハハハッ」と笑われてしまった。

「でもあのふたり、何か深刻そうだったよ。
偏見かもしれないけれど、
男性が恋人に真剣に話をする時って、
ふたりの関係がかなり緊張している時が、
多いように思うんだけど」

「そうかなあ……わたしはふたりの将来とか、
一生にはもっと真剣に考えて欲しいんだけど」

やっぱりいいなあ、臼井さん。
一生みたいに、わたしの不安な気持ちも知らないで、
家でゴロゴロするだけのデートを繰り返す男とは、
えらい違いだ、と感じてしまう。
八坂美羽(27歳)
中堅の不動産会社の営業事務。明るくやさしい性格だが、押しが弱い。
坂口一生(29歳)
大手アパレル店の店長。明るく元気で頭の回転が早く、よくしゃべるタイプ。
臼井数馬(29歳)
美羽の不動産会社の先輩で営業職。落ち着いてしっかりとした性格。
安藤朋美(27歳)
美羽の友人。明るくさばけていて、行動力がある。美羽の会社の同期。

お役立ち情報[PR]