お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

24話 きれいになりたくて


次の休日は朋美と午前中から駅で待ち合わせ、
ショッピングモールへと繰り出した。
普通は平日が休みだと、お店はどこも空いている
……はずなんだけど。
意外なほどの人出に、驚いてしまう。

「たまには、にぎやかなのもいいかもね」
「とりあえず、ぐるっと一回りしてから買おう」
わたしたちは気に入ったお店に次々と入り、
シャツやパンツを代わる代わる当てたり、
試着したりを繰り返した。

「朋美は赤やオレンジみたいな、
はっきりした色が似合うから、うらやましい」
「えー、フェミニンな服が似合う
美羽の方が、ぜんぜんいい。
女の子らしい服が似合わないと、寂しいよ」

おたがいにないものねだりをしながら、
さんざんおしゃべりをして歩き回った後
フードコートで昼食を食べることにした。
フォーのセットメニューのトレイを持って、
大きな傘のついたテラス席へつく。

「あれ、美羽と同じ営業所の、臼井さんじゃない?」
朋美に小声で指をさされ、ドキッとして振り向いた。
八坂美羽(27歳)
中堅の不動産会社の営業事務。明るくやさしい性格だが、押しが弱い。
坂口一生(29歳)
大手アパレル店の店長。明るく元気で頭の回転が早く、よくしゃべるタイプ。
臼井数馬(29歳)
美羽の不動産会社の先輩で営業職。落ち着いてしっかりとした性格。
安藤朋美(27歳)
美羽の友人。明るくさばけていて、行動力がある。美羽の会社の同期。

お役立ち情報[PR]