お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

19話 恋人への相談


わたしはお盆に紅茶とケーキを乗せて、
起き上がって座り直した一生と向かい合った。
朋美がいっしょに歩いているのを見たという女性は、
一生にとってどんな人なんだろう。

「あー、それ店のパートさんだから。
他のお店のオープンを手伝いに行った帰りだよ」
「本当に? 」
「本当だよー」
「いや、すごくキレイな人だって聞いたから」
「ああ、キレイな人だけれど、
5歳も年上で、もう結婚してるよ」
「そうなんだ……」

一生は、紅茶とケーキをテーブルに乗せたわたしの頭に、
ぽふぽふと手を置いた。
「大丈夫。そんなにモテないから」
再び、思わずふたりで「へへっ」と笑う。
「さ、ケーキ食べよう」
そうしてわたしたちは、一生のお店に来る、
変わったお客さんの話に笑ったり、
この夏こそ、必ず旅行に行こうなどと話し合った。

「でも……8月には、営業職へつくかどうか、
決めなくちゃいけないんだよね」
ふと先送りしていた問題を思い出して、ため息をつく。
八坂美羽(27歳)
中堅の不動産会社の営業事務。明るくやさしい性格だが、押しが弱い。
坂口一生(29歳)
大手アパレル店の店長。明るく元気で頭の回転が早く、よくしゃべるタイプ。
臼井数馬(29歳)
美羽の不動産会社の先輩で営業職。落ち着いてしっかりとした性格。
安藤朋美(27歳)
美羽の友人。明るくさばけていて、行動力がある。美羽の会社の同期。

お役立ち情報[PR]