お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

10話 決断しなければ


総務部長からの電話を切って頭を上げると、
帰ってきた所長と目が合った。
「お疲れ様でした」
「ただいま。いや本社での会議は疲れるよ。
で、八坂さん、ちょっとだけ時間くれない?」

所長は上着を脱ぎながら、応接室の一方を指差した。
わたしはさっきの電話の後なのでドキッとしながらも、
にこやかに「はい」と返事をして、応接室に入る。

「実は今日の会議で、うちの会社ももっと、
賃貸に力を入れようって話が出てね。
手始めに、本社に賃貸センターを作ることになってね」
「さきほど、総務部長から
賃貸の営業職にならないかってお電話がありました」
「うわっ、部長も早いな。でもぼくとしては、
八坂さんにはここで、売買の営業をしてほしいんだ」
「えっ、不動産売買の営業ですか!」

これはたいへん。売買の営業は勤務時間が不規則だし、
一千万円単位の取引の仲介をする、ハードな仕事だ。

「すみません……少し考えてからでいいですか」
「もちろん。8月ぐらいまでに返事をくれればいいよ」
ああもう、決断しないとダメなんだ。
どうしよう。この話は一生と相談して決めたいな。
八坂美羽(27歳)
中堅の不動産会社の営業事務。明るくやさしい性格だが、押しが弱い。
坂口一生(29歳)
大手アパレル店の店長。明るく元気で頭の回転が早く、よくしゃべるタイプ。
臼井数馬(29歳)
美羽の不動産会社の先輩で営業職。落ち着いてしっかりとした性格。
安藤朋美(27歳)
美羽の友人。明るくさばけていて、行動力がある。美羽の会社の同期。

お役立ち情報[PR]