お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

客観的に状況を把握する!? 「失敗したときに落ち込まないようにする方法」

仕事中、気をつけていたのにうっかりミスしてしまうことってありますよね。そんなとき、落ち込んでばかりいたら先に進めません。今回は働く女子たちに「失敗したときに落ち込まないようにする方法」について聞いてみました!

客観的に状況を把握する!? 「失敗したときに落ち込まないようにする方法」

 ●第1位/「人に話して聞いてもらう」……31.3%
 ○第2位/「楽観的に考えるよう心がける」……22.7%
 ○第3位/「気分転換できることを用意しておく」……22.0%
 ●第4位/「すぐに気持ちを切り替える」……20.8%
 ●第5位/「プライベートで思いっきり遊ぶ」……20.1%
 ○第6位/「体を動かしてみる」……11.5%
 ●第7位/「明るい曲を聴いて元気をもらう」……11.2%
 ○第8位/「お酒を飲んで忘れる」……10.9%
 ●第9位/「がむしゃらに仕事をする」……4.5%
 ○第10位/「寝る」……2.9%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は31.3%で「人に話して聞いてもらう」でした! なぜそうするのか聞いたところ「冷静になり気持ちが落ち着くから」というものが多かったです。他人に説明することによって、客観的に状況を把握できますものね。相談する人は友人や仲よしの同期など、気軽に話せる人がGOODみたい。
第2位は22.7%で「楽観的に考えるよう心がける」。その理由としては、「考え過ぎるとどんどんネガティブになっていくから」「なんとかなると思えばなんとかなる気がするから」などが多数。前向きに考えることで、気分も前向きになるのかもしれませんね。
第3位は22.0%で「気分転換できることを用意しておく」。別のことをして一度リフレッシュするのも効果的。「お笑い番組を観て思いきり笑う」「趣味に没頭する」など、自分が好きなことをするのがいいようです。
失敗は成功の母と言います。ミスをしてしまったらクヨクヨせず、間違いをいかしてさらに成長できるよう工夫して過ごしましょう!(編集部/江藤)

※『escala cafe』にて2012年6月にWebアンケート。有効回答数313件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]