お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「あなたがステキすぎて……」 彼に送った、恋の迷ゼリフ集

「恋をしたら、誰もが詩人になる」って……よく言いますよね。これ、ロマンチストな女子ならなおさらのことかもしれません。冷静に考えればかなり恥ずかしくて大胆な、“女子が放った恋愛キメゼリフ”。女子たちのアンケートで集まった実話から、厳選ピックアップしてお届けします!

「あなたがステキすぎて……」 彼に送った、恋の迷ゼリフ集

■「私の中の男の基準、あなただからさ」(24歳/運輸・倉庫)

彼以外の人とは付き合えないと力説していた当時の言葉だそう。とても愛にあふれたメッセージであるにもかかわらず、彼からの反応は「それ前も聞いたなぁ」という、なんとも無感動なものだったそう。大事なことは繰り返し言わないほうがよいという説が、当てはまったのでしょうか?

■「あなたがいなくなるなんて、世界中の色をすべて失うのと同じ」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

好きだった彼にフラれてしまう間際、メールで送った言葉だそう。さすがクリエイティブ職の女子なだけあって、ダイナミックでエモーショナルな表現、あっぱれです! 気になる彼からの返答は、「そうか、みたいな感じでした」とのこと。その切ない温度差、縮められないところが恋愛のムゴさですね……。

■「空も泣いている」(22歳/金融・証券)

シチュエーションは、「当時18歳、遠距離の彼としばらくのお別れだったとき」だそう。大自然を自分たちに一体化させてしまうのは、恋する2人にありがちなことなのかもしれません。降る雨を自分の涙に重ね合わせちゃった経験、あなたにもありませんか?

■「あなたがステキすぎて、ときめきがとまらない」(23歳/機械・精密機器)

彼女は誰もが思う気持ちを素直に口にしただけなのに、相手からは、「笑顔で『君、変わってるね』と言われた」という、ちょっと悲しい結末。彼も、褒められているんだから素直に喜んでおけばよかったのにと思う一方で、もしも自分が言われたら、たしかに一瞬ギョッと思うかも……。

■「お墓まで一緒に入ってくれる人、いないかな……」(28歳/食品・飲料)

度胸とユーモアにあふれた、ある意味ステキな逆プロポーズですが、男性からは「俺以外の人、見つけてくれ」と言われてしまったそうです。

■「そんなこと言わないでほしいな。言葉が甘すぎて、あなたが虫歯になっちゃうから」(31歳/学校・教育関連)

彼からの甘い言葉を受けての、彼女のセリフ。第三者としては「虫歯ならない! ならないから!!」と大きくツッコミを入れたくなります。ちなみに言われた彼は、「この言葉を真に受けて、言葉より直接的に好意を伝えてくるようになった」のだそうです。へー……。

恋に夢中になっているときのセリフって、どこから生まれてどこを通ってやって来たんだと思うくらい、名・迷言化しているものが多いですね。これも恋の魔力の一部なのでしょうか。みなさんが今まで言ったことのある「名・迷ゼリフ」も、ぜひこっそり教えてください。

(プレスラボ+つくしの万葉)

『escala cafe』にて2012年5月にWebアンケート。有効回答数281件(escala cafe会員)。

お役立ち情報[PR]