お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 生活

新入社員の約3割が社内恋愛を期待!? 男性の心をギュッとつかむ武器とは?

新年度がはじまり、今月から新生活がはじまった女子も多いはず。なかでも新社会人のみなさんは、今までとはまったくちがった環境にドキドキ、ワクワクしているのでは?






カネボウ化粧品 SALAが今年4月に入社した、当時内定者の女子200人を対象に、「社内恋愛を期待しているか」とアンケート調査をしたところ、「期待している」と回答したのは31.0%。社内の男性に恋をすれば、仕事へ行くのも楽しくなりそうですね。仕事に対する緊張感と、素敵な出会いへの期待で、胸が高鳴っている女子は少なくないみたい。


そして、社会人男女400人を対象に社内恋愛の実態を調査したところ、「会社の人を好きになったことがあるか」という質問に、「社内の人と付き合ったことがある」と回答したのは33.0%。「付き合ったことはないが、好きになったことがある」を含めると、なんと51.8%の人が社内恋愛を経験していました。2人に1人が社内の男性に恋をしていたとは驚きです。さらに、結婚している・恋人がいる社会人男女273人に、相手との出会いを聞いてみると、「社内の人(元社内の人を含む)」が最多の21.2%でした。やはり、長い時間をともに過ごしたり、仕事で仲間意識や信頼関係ができると恋愛に発展しやすい、ということでしょうか。


それでは、キュンとするのに大事な要素って何なのでしょうか? 社会人男性200人に「恋愛面において、いい香りがする人、香りのケアができている人は好感度が上がるか」と質問したところ、80.5%が「好感度が上がる」と回答しています。しかも「好感度は平均で3.6割増し」になるんだとか。また、香水よりも「シャンプーのような自然の香り」のほうが80%の支持を集め、「女性とすれちがったときに、髪の香りがいいとキュンとする」と回答した男性は77%も。仕事中にふわっと感じるいい香りは、社内恋愛の強い武器のひとつになるようですね。


「実は、香りにはとても深い意味があります」と語るのは、カネボウ化粧品の香料研究室チーフパフューマー主席研究員・駒木亮一さん。人は香りをかぐと、気持ちが安らいだり、気分が晴れたり、身体が快調になったり……、心身の健康バランスを取ってくれるのだそうです。また、嗅覚は五感のひとつですが、ふだんはあまり意識していません。その嗅覚が刺激されると、感情に思いもよらない効果を発揮するものと考えられています。駒木さんは「いい香りに触れると、仕事においても恋愛においても、心身にいい作用をもたらすと思います」とのこと。香りのプロからのお墨つきがあると、ますますいい香りを漂わせたくなってしまいますね。


駒木さんによると、そもそも日本語には、「香る」「薫る」「馨」などさまざまな「かおり」の言葉があるとのこと。その物自体が「かおる」のか、移り香が「かおる」のかで使い分けているのです。日本の文化では、直接的よりも間接的な表現が美しいとされています。1000年前の平安時代から、貴族の女性は衣や長髪に香りを移し、間接的に「薫る」ようにしていたと言います。現代でもその美意識は受け継がれ、衣類や髪から残り香が「香る」のが奥ゆかしい女性らしさに感じられるようです。


社内恋愛に期待を寄せている女子のみなさん、香りのパワーを上手に使いこなしてみてくださいね。


※アンケートデータはすべて、カネボウ化粧品 SALA調べ


(郷雷子/マッシュルーム)



■関連リンク
【男心をギュッとつかむ】ふんわり香る女子にオススメなのは……
【働く女子の実態】香り、下着、やっぱり○○? 仕事用の勝負アイテム
【眠った魅力を呼び覚ます!】あなたの「パフューム」診断

お役立ち情報[PR]